カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

釣行記録・落水負傷事故からの復帰戦!

左脚の脛にできた4針の裂傷。オッサンだから治るの遅いだろうなぁ、と思っていたら、しばしの禁酒の効果もあったのか2週間くらいで大分癒えてきました。

ということで…

行って来ました!復帰戦!やってきたのは、因縁の修行場。大物から落水まで、様々な経験を与えてくれたこの釣り場!
20160614_000.jpg
こちら、落水現場。リベンジだ!せっかくなら落水現場で大物釣ったるわ!と息巻いていたのですが、ここでは釣れず。。


というか、開始2時間全く釣れず。そもそも天気予報で風が微風ということで、この日はトップウォーター縛りでリベンジじゃい!と仕掛けを用意して行ったのですが、釣り場に向かう道中、車が強風で煽られる始末…。どこが微風じゃ!という強風。もう釣り場に付く前から、組み立てを考えなおす羽目に。それでもトップで釣りたいと、風を少しでも回避できる場所ではサーフェスクランクを引いてみたり。3発ほど出たのですが、乗らず…。くぅぅ。

開始2時間で釣れない。小バスであればそこらに沢山いるのは分かっている。必殺のゲーリーヤマモト大先生を、そんなちびっ子の目の前に落とせば瞬殺でしょう。でもこの日はリベンジ戦。マッチョなベイトタックル2本。ルアーもハードルアー、及び7インチ以上のビッグワームしか持ってきていないという漢仕様。本当はハードルアーに拘って獲りたかったのだけれども、陽も完全にのぼってしまったし、バスボートも多くてハイプレッシャー。ハードルアーで狙うには厳しい状況に。ここでワームにチェンジして、カバー撃ちタックルでカバーやストンと落としてのリアクションを狙うも無反応。これはフォールで食わすパターンかも…と、7.5インチのワームをスローフォールさせる作戦に変更。

風が強いから、太いラインでワームをフリーフォールさせるのはかなり難儀でしたが、辛抱強くやっていると、魚信が!じっくり沈めて底を取ったあたりで軽く竿を聞いてみると、グーンと重みが乗りました。エイヤ!と合わせると、竿に乗った主には結構良いサイズ!
20160614_001.jpg
よっしゃ!41cm, 2.3ポンドちょい。浮いてきた時は余裕の40upだぜ!!と思ったのですが、ギリでした。尻尾のほうまで太いナイスバス。

パシャリ!ともう一枚。
20160614_002.jpg
結局、ちびっ子がルアーを齧ってもっていくようなアタリは多数でしたが、釣れたのはこの一匹のみ。でも復帰戦でボウズじゃなかったし、日和って小物に逃げないで40UPとれたし、水にも落ちなかったし、怪我もしなかったらOK!

やっぱり釣りは楽しいな。

4 コメント

AT  

復帰おめでとうございます!

2016/06/15 (Wed) 01:21 | 返信 |   

ワキ  

AT さん

ありがとうございます!まだまだがんばりまっす!

2016/06/15 (Wed) 16:23 | 編集 | 返信 |   

炉端家   

恰好良く写ってますネ♪

2016/06/15 (Wed) 21:28 | 返信 |   

ワキ  

炉端家 さん

この間の落水で、iPhoneもダメにしているので、今回はちょっと緊張しながらの撮影。スマフォ撮影をやめて、専用の防水カメラを買うべきか悩み中です。

2016/06/16 (Thu) 18:39 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です