カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ビールを彩る食卓第112 朝〆イカ

先週、嫁がなにやら大きな袋を持ってファーマーズ・マーケットから帰ってきました。一体何かと思ったら…
20160819_100.jpg
袋には大量のイカ。小ぶりで、見た感じはかなり新鮮。2ポンド10ドル。「ハーフムーンベイに揚がった朝〆たてのイカってことで、ファーマーズ・マーケットで売ってたのよ。」とのこと。何も2ポンドも買ってこなくても…と思いましたが、2ポンドの袋単位で売っていたんですって。

うーん、美味しそうなイカちゃんですね。
20160819_104.jpg
たぶんカリフォルニアヤリイカという種類だと思います。

ということで、さっそく捌いていきます。イカの捌き方が良く分からない言うので、最初の一匹はお父さんが捌いてみせました。マルのイカを捌くのは久しぶり。とはいえ、イカなんて魚の三枚おろしに比べれば、なんてことはない。胴体と本体部分をエイヤ!と分離させたら、軟骨抜いて、キッチンペーパーで皮を掴んで剥くだけ。
20160819_101.jpg
最初は墨袋をやぶっちゃったりして、「うぬぅ…」なんて言っていた嫁ですが、数匹下処理したらコツは完全に掴んだようです。刺し身でもいけそうな感じでしたが、ここは煮物で。

最初に「ちょっとこれ味見してみて」と出してきたのがこちら。
20160819_102.jpg
トマト煮ですね。さて、お味の方は…

……
美味い!このイカ、やっぱり新鮮で、さらに小ぶりで肉の厚さもほどほどなので、柔らかくてとても美味しい。香りも、変にイカ臭い香りもなくって、これは良い買い物をしたかも。でかした、嫁。

夜ご飯に出てきたのは、里芋とイカの煮物。
20160819_103.jpg
こちらもご飯が進みます。柔らかいイカに、ほくほくの里芋。これが美味しく無いわけがないですね。9歳児も「今まで食べた海鮮のベストスリーに入る美味しさだ!」とバクバク食べて、お母さんを喜ばせていました。

このイカ、オススメかも。ごちそうさまでした。

4 コメント

AT  

手のひらサイズのイカですよね。サンタクルーズのピアで何度か釣ったことがあるんですが、いつもいるわけではないので、釣れたらラッキーって感じです。身が柔らかくて美味しいですよね。

2016/08/25 (Thu) 14:36 | 返信 |   

ワキ  

AT さん

やっぱりイカいるんですね!釣具ボックスの奥に、餌木が数本あったかも…

柔らかくて美味しかったです。

2016/08/26 (Fri) 12:48 | 編集 | 返信 |   

AT  

餌木よりもサビキ仕掛けの方がいいですね。冷凍で売っているエビを指の爪くらいの大きさに切って、それぞれの針に付けて餌釣りです。フワフワしたアタリを取るのが楽しいですよ。

2016/08/26 (Fri) 14:30 | 返信 |   

ワキ  

AT さん

サビキですか。サバとかアジも釣れるんですよね、あそこ。久しぶりに行ってみようかな。

2016/08/27 (Sat) 12:39 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です