カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

小人ビール Blonde d'Achouffe (Les Brasseurs RJ)

Blonde d'Achouffe (Les Brasseurs RJ)

Blonde d'Achouffe

BlondeAchouffe000.jpg
さて今日紹介するビールはケベックビール Blonde d'Achouffe です。モントリオールの Les Brasseurs RJ からやってきた無濾過のフランス人もびっくりの強力ビールです。Les Brasseurs RJ は過去 Cheval Blanc (記事) と苦悩する白シャツ Coup De Grisou (記事) で登場しています。

BlondeAchouffe001.jpg
ラベルはこれはサンタ?かと思ってしまうデザインの赤い帽子の小人のおじいさんのデザイン。

BlondeAchouffe002.jpg
アルコール度数8.0%のストロング濁りブロンドビール。泡立ちも良く、香りはイーストモルトの香りで深く吸い込むと完熟の白桃のようなフルーティな感触もある本格派ベルジャンヴィットな感じ。
口当たりは…スパイシー!酸味のあとにくる辛目のコリアンダースパイシーテイストがすごい。酸味のあとほのかな甘みがくるという複雑な味わいのフルボディビールだけど、アルコール度数も高いのでさっぱり流れる。
まぁなんというか…無濾過、強力、スパイシー、極太というベルギービールの流れを汲んだザ・ケベックビールの系統に属するヤツですね。ブロンドなだけあって焙煎系やオレンジピールのような落ち着いた香りと刺激ではなくコリアンダーがビシっと効いているのが特徴かな。

BlondeAchouffe003.jpg
Achouffe(アシュフ)って何かと調べてみたらベルギーの小さな町みたいだ。ベルギー南部のアルデンヌ地方にある町でBrasserie Achouffeというブリュワリーがある。
そのブリュワリーのweb(リンク)に言ってみると…これは!!赤い帽子の小人のおじいさんがいる!!
どうやらこのビール、ここのブリュワリーのライセンスビールっぽい。ラインアップをみてみると、おそらく La Chouffe というビールのライセンスじゃないかな。

0 コメント

コメント大歓迎です