カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

伝説の? Hamanako 鰻缶@マルカイ

この週末は天気が悪いですねぇ。釣りにも行けないし、うだうだしてたら、「お米とか色々と買い込みたいから、マルカイまで連れて行ってよ〜」と嫁が言うので、家族で南へレッツゴー!

ダイソーからのマルカイコンボ。いつものように、嫁・シム子ちゃん組がカートでゆっくり買い物しているところ、お父さん・10歳児組は、試食コーナーに直行です(笑)。今日は、特売していた玉錦(なんと19.98ドル!7ドルくらい安い!)の試食で、明太子ご飯でした。ウマー。

試食も満喫してぶらぶらしていると、なにやら気になる缶詰が目に止まりました。
20161015_000.jpg
これは!?Hamanako の炙り鰻だと!?蒲焼きの缶詰じゃないですか。

よくよく缶詰をチェックすると、たしかに浜名湖の会社のものです。純日本製。ちょうど嫁がカートを押してやってきたので、「ねぇねぇ、これこれ!これ知ってる?」と聞いてみたのですが、嫁は知りませんでした(彼女は浜松に住んでいました)。
20161015_001.jpg
しかしこれ、気になるわぁ…ということで調べてみると、こちらは戦前からある伝説の鰻缶とのこと!あの歌人の斉藤茂吉が戦時中に銀座のデパートで買い占めたという逸品。ぐぅ、買っておくんだったかも…。

というのも、お値段がコチラだったので…
20161015_002.jpg
$13.98- を缶詰に出すのは、我が家の懐事情ではちょっと…。まぁワイン一本だと思えばいいのかもしれませんが、ワインと缶詰ではちょっとねぇ…。ってことで見送ったのです。伝説の逸品だったのかぁ、ブログのネタにも買っておけばよかったかも(って、ネタにしてますが)。。


0 コメント

コメント大歓迎です