カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ビールを彩る食卓第114 最高級グレード黒肉 Kobe

さて、ビールを彩る食卓第114弾です。先週のブラックフライデーショッピングの晩御飯は、こちらのお肉屋さんの名物お肉をいただきました。
20161125_300.jpg
このブログにも何回も登場しているこちらのお肉屋さん、Schaub's Meat Fish & Poultry。

こちらの名物といえば…
20161125_301.jpg
これですね!黒肉!正式名称を Fred's Marinated beef といいます。左から、最高級グレードのKobe、そしてPrime、Sirloin となります。

ワキ家と黒肉の歴史
・ビールを彩る食卓第57 スタンフォードの黒肉 2013 (記事)
・黒肉クリスマスイブ 2014 (記事)
・大晦日も… 黒肉。 2014 (記事)
・黒肉の宴 2015 (記事)
・母の日黒肉 2016 (記事)

今回はですね、日本から嫁のお母さんも来てくれているということでですね…
20161125_302.jpg
ドーン!と最高級グレードのKobeをいってしまいましたよ!
コーベです。コーベビーフ。1ポンド $32.99-。この塊は小さいやつを選んだのですが、それでも2ポンドあるので$60オーバー。ここだけ見ちゃうと、高い!リッチ!とか思っちゃいますが、よくよく考えると大人3人でちょっとしたレストランにお肉食べに行ったら、ワインなんかも飲んじゃったりして$100−くらい余裕で超えちゃう事を考えれば、この塊で2、3日の食事は賄えると思えば、かなりお買い得かと。

ということで、ブラックフライデーの晩の食卓は、前日のサンクスギビングのチキンディナーに続いて、お肉がどーーーーん!!!という、こんな食卓に。
20161125_305.jpg
黒肉の存在感が半端ないですね〜。

ワインは、お肉屋さんの隣の Sigona's Farmers Market で買ってきた、こちら。
20161125_303.jpg
その名も STANFORD というスパークリングワイン。こちらは、お安いワインで甘めのスパークリングでした。

初のKobe黒肉、今までも黒肉は結構焼いてきたので、黒肉の焼き上げ方に関しても少しづつ我々も経験を積んできまして、今回は今までの経験から、フォイルでくるんで焼き上げる、という焼き方で行きました。時々、マリネーテッドされた表面の部分が固くなったり、部分的に焦げちゃったりすることがあったので。おかげで、柔らかくジューシーな仕上がりに!
20161125_304.jpg
いやぁコーベ、さすがです。さすが、サーロインの約二倍のお値段するだけあって美味いですわ。サーロインもPRIMEも美味しいのですが、こうなってくるとたま〜にしか食べないんだから、折角なのでKobe一択でも良いかもと思ってしまいますね。

このままでも充分に美味しいし、我が家ではポンシャブとホースラディッシュで食べるのが定番です。お父さんは、シラチャーソースで食べましたが、シラチャーも良いですね。次の日は、ポンシャブとホースラディッシュをちょっとつけてパンに挟んでサンドウィッチにすると、これがまた美味いです。オススメです。

Schaub's Meat Fish & Poultry
395 Stanford Shopping Center,
Palo Alto, CA 94304

0 コメント

コメント大歓迎です