カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

アンティーク その2 タイプライターゲット

アラメダのアンティークフェアに付き合わされた子供たち。シム子ちゃんはワゴンの中でぬくぬく寝ているだけなので良しとして、何時間も歩かされる10歳児はちょっと可哀想。なので、「お小遣いに40ドルあげるから、何か自分のモノを買っていいよ!」というと、「えっ!40ドルも!やった!」と目を輝かせる息子ちゃん。「…40ドル、なにか残るものを買ってね。フードトラックでおやつとかはダメだよ」「……ちっ…」。どうやら、フードトラックで自由に豪遊できると思ったようです(笑)

そんな息子ちゃんが、特別お小遣いでゲットしたのがこちら。
20161210_200.jpg
タイプライターです。前に来た時にも、動くタイプライターがあって少し欲しそうにはしていたんです。

こちら、一応稼働します。少しメンテしないと、いくつかのキーは戻ってこない時がありますが、結構使えます。ちょっと楽しい。Olympia というメーカーのもので、ケースもついてます。
20161210_201.jpg
75ドルと予算を大幅オーバーしていたのですが、40ドルのお小遣いに、この日は2週目まで付き合わせちゃったので、特別に25ドルを融資してあげて、65ドルでゲットしてきました。「これが欲しいんだけど、彼のお小遣いじゃちょっと買えないんだ。ディスカウントしてくれる?」と聞いてディスカウントしてもらいました。いきなり「65ドルまでなら出せるんだけど…」と交渉したので、「それなら全然OK!」と商談成立しましたが、もうちょっと安く出していればもう少し安くなったかもなぁ。

これ10歳児も気に入ってるし、「ノベル書くんだ!」とか盛り上がっているので良いのですが、ひとつ大きな問題があってですね、メチャクチャ重いんです。10歳児じゃ運べない重さ。お父さんも腰をやらないように気をつけないと。

4 コメント

lce2  

いい買い物ですね~!
末は開高健?

2016/12/15 (Thu) 14:58 | 返信 |   

なのはな  

息子ちゃん、可愛いですね〜!このサイズでそんなに重いんですか〜!こういうタイプライターでタイプした文も文体が可愛いですよね〜!私も、父が英文タイプライターを突然買ってくれたことを思い出しました。まだ、留学したいってことは秘密だったのに(笑)。結局、そのタイプライターはほぼ使わぬまま、その2年後に留学した私は、ワープロを持って行きました。

2016/12/15 (Thu) 15:18 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

lce2 さん

目指せオーパ!ですね。

2016/12/16 (Fri) 13:40 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

なのはな さん

重いんです。びっくりするくらい重いんですよ、これ。タイプライターは趣きがあっていいですが、一文字入魂で間違いの無いように、そしてきちんとガツンとタイプされるように気合を入れてキーを押し込まないといけないあたり、集中力も付きそうですね。

2016/12/16 (Fri) 13:42 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です