カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

黒〜いラーメン@溝の口

先日、会社帰りに自由が丘へ英会話教室に行っていた11歳児を拾って帰宅することに。なんでもお父さんと外食したいとか言っていたらしいので、「何か食って帰ろうか?何が食いたい?」と聞いてみると、「ラーメン!」ですって。せっかくの父と子の外食なんだから、焼き鳥とか焼肉とか言ってくれてもいいのにねぇ。

自由が丘は人が多かったので、またまた昭和のディープ川崎と再開発の狭間の溝の口へ。
20171122_000.jpg
醤油ラーメンが良いとか言うので、Googleで最寄りを検索してたどり着いたのが、このお店。

松虎亭というお店。昔ながらの中華料理屋風の店内は、まだ夕飯時には少し早かったのか閑散としていましたが、おかげで子連れでカウンターでのんびり食べられました。
20171122_001.jpg
11歳児は中華そば。あっさり醤油スープで、海苔にシナチクに丸いチャーシュー、見た目は絵に描いたようなクラシック中華そばじゃないですか。こういうラーメンは、個人的に好きです。

お父さんは、盛岡醤油老麺なるラーメンを注文。でてきたのがコチラ。
20171122_002.jpg
お~、真っ黒。真っ黒スープ。たまり醤油を使っているそうです。これが、どんな味だろう…と一口すすってたら、旨い!これは好きなタイプ。見た目よりはあっさりというか、普通です。でも11歳児のオーソドックス中華そばに比べると、塩っけはあります。濃厚出汁とか、そういうのとは別のタイプの中華そばなので、好き嫌いは別れるとは思いますが、飲んだ後に食べたくなっちゃうタイプな気がしますね。

ということで、親子で餃子とラーメンをズルズルと。
20171122_003.jpg
11歳児、この日も完食。餃子も2個食べたし、やはり成長期に入っているでしょうか。食が細かった頃が懐かしい…。

ごちそうさまでした。ラーメン2杯プラス餃子で1750円とはコスパも良いです。忙しいラーメン屋より、こういう中華屋風のお店のほうが落ち着くなぁ。飲み放題とかもやっていたし、ビールのおつまみ小皿も充実していたので、きっと隣のパチンコ屋で一発当てたオッサンが、カウンターでビールを一杯やって〆にこの黒ラーメンを食べたりしているのでしょう。

最近、溝の口出現率が高いです。

松虎亭
川崎市高津区溝口2-9-10

0 コメント

コメント大歓迎です