サンフランシスコの南から 〜オンタリオ湖畔から・第三章

サンフランシスコ郊外に住む一家の家族のブログ。トロント、日本、サンフランシスコ、日本、そしてまたカリフォルニア。流離うサラリーマン一家。

出張先でアンティークを漁る

先の記事でちょっとふれましたが、ちょっと出張していたのですが、出張先での週末はコインランドリーでお洗濯して、お買い物行って…。でもそれだけでは時間が潰せず、少し暇だったので検索したら、ホテルから歩いていける距離にアンティークモール発見。

ちょっと嫁へのお土産でも探しに行きますか、と突撃したら、全4階建ての巨大なモールでした。沢山のブースがあって、もちろんモダン食器を取り揃えているブースも何個も発見。さっそく嫁にLINEを送ります。
20180210_001.jpg
「あったよ〜」と写真を送ると、直ぐに返信が。「そのパイレックスのボウルの状態とお値段は?」「あそこのファイアーキングのお値段と写真送って」などなど(笑)。電話の先では、パイレックスやファイヤーキングの本を見ながら嫁が品定めという構図です。

20180210_004.jpg
さすがに何度も付き合わされているだけ合って、だいたい嫁の好みが読めてくるようになりまして、嫁が興味ありそうなモノに絞って写真を撮っては送り、撮っては送り。

いろいろと目移りしてしまいますが、まだ日本からの荷物も届いていないし、デカイ食器買ってもスーツケースに梱包して飛行機で持ち帰るのも一苦労だし…、と何も買わずに帰ろうかとも思ったのですが、でもせっかくだからと2人の意見が一致して購入したのが、こちらのマグ。
20180210_003.jpg
Fire King の Barrel Mug というマグみたいです。コーヒー飲んでもいいし、ダークビールいれて乾杯しても良さそうだね!ということでゲット。20%引きだったしね。

あぁ、こうやってモノが増えていくのね…と分かって入るのだけど、買ってしまう。まずいなぁ、これはまずいなぁ。なんて思っていたら、出張から帰ったお父さんに衝撃の報告が。。

続きます。


0 コメント

コメント大歓迎です