カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

アメリカ出戻り記 その10 無事入居。

成田から定刻通りに出たフライトで、無事にサンノゼに到着。無事どころか、1時間くらい早く到着してしまいました。

家族は久しぶりの入国だし、税関で揉めるかもしれないから、腹に気合を込めてイミグレーションへ向かいます。
20180311_200.jpg
昨年ちょこっとサンフランシスコに来た時は、少し揉めたんですよね。「今、日本に住んでんのか?何しに来た?とりあえずあっちで話聞こうか」みたいな。でも、あっさりアメリカ入国。ふぅ。良かった、良かった。

無事に車屋さんとも落ち合って、一路ハイウェイ101を北上。

帰ってきたよぅ、フォスターシティ。
20180311_204.jpg
しか〜し!なんでしょう…、この家族の反応の薄さ

反応薄いったらありゃしない。11歳児なんて、窓の外の風景を見ようともしないで、3DSでゲームやってるし!嫁も「なんか、別に懐かしい〜!みたいな感じにもならないわね…。ついこの間まで住んでたし…」とか。くぅぅ、お父さん頑張って生活をセットアップしたんだから、「うわぁ!帰ってきたのね!」とか少しくらい感激〜!的なリアクションがほしかったわ。まぁお父さんが勝手に「アメリカ戻るわ!」って決めたんで、仕方ないけどさ。

大家さんに貰っていた鍵で、新居にも無事に入居。何度かブログでも書いてますが、陽気でホスピタリティ溢れる大家さん、リビングには綺麗にラッピングされた子供達へのWelcomeギフトが置いてあり、キッチンにはフルーツの大皿とメッセージを準備しておいてくれました。
20180311_201.jpg
広いお家と大家さんからのギフトで、ようやく家族も「うわー!素敵〜!」と。大家さんがかなり丁寧にクリーニング入れておいてくれたので、築年数に比べるととても綺麗なんです。シム子ちゃんもウキャー!って言いながら走り回っているし、家を気に入ってくれたみたいでよかったです。

新居に荷物を置いたら、ブブーンとVerizonへ。
20180311_300.jpg
さくさくっとゲットしたのは嫁の電話。あっという間でした。電話買うのって、もっともっと敷居が高かった記憶しかないのですが、「オレのアカウントに嫁の電話を追加したいんだけど、電話ちょうだい」「はいよ〜、機種は?」で終わり。楽ちんなのは良いけど、何だこれは…。

次は、同じコミュニティに住む嫁のママ友のお家へ。以前、シム子ちゃんのベッドを娘さんに譲ったのですが、もう使わなくなったとの事で、また頂けることになっていたのです。これでシム子ちゃんのベッドを即ゲット!さらに、我が家の渡米の数日前に帰国したママ友一家から11歳児のベッドも譲り受けていて、こちらのお家のガレージに置いておいていただいたのです。ということで、11歳児のベッドも無事にゲット!!とりあえず初日の寝床はなんとかなりました。

その後数日は、買い物や手続きに走り回りました。

定番のIKEA。
20180311_203.jpg
何度か往復しました。

枕やちょっとした小物とかも揃うので、なんだかんだでIKEAは重宝しますね。
20180311_202.jpg
大人の寝床用には、ぐるぐるぐる〜と巻けるマットレスを持って帰りました。ウッドフレームのガッツリマットレスは、どうしてもデリバリーになるし、重くて重くて持ち上げようとすると腰が逝きそうになるので、今回は丸められるマット。使ってみると、これで十分でした。ベッドも後日IKEAで購入して、気合で車で運んで組み立て。3列シートの車は、2列目のシートも上手に調整すれば、かなりモノが積めるので重宝します。

PG&E(電気とガス)の手続きもしないといけません。サンカルロスにPG&Eのオフィスがあるので、そこに出向き、以前使用していたアカウントに今の住所を紐付けてもらいました。ついでに「子供達の学校の手続きのために、住所を証明できる書類がほしいんだけどお願いします」と頼んだら、その場でPG&Eのヘッダーのついた書類をプリントアウトしてくれました。こちらでは、PG&Eの郵便物や書類は、最強の住所証明手段ですから、これも助かります。

最近はAmazonで何でも頼めちゃうのですが、なんだかんだ言ってもちょとした生活雑貨を揃えるのは大手小売店が便利ですね。IKEA、ターゲット、Bed Bath & Beyond、なんてところは最初の一週間で何回行ったことでしょう。

0 コメント

コメント大歓迎です