カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

洗濯の仕方もわからない…

さて出戻りの話題を記録に残し終わったところで、近況ですが、出張続きで忙しくしております。

独り身期間が長かったので、まぁ自分の面倒くらい自分で見られるだろうと気軽に考えていましたが、やっぱ色々大変ですなぁ。一週間を越える出張の場合は、洗濯なんかも自分でするわけですが、(マツキヨみたいな大型薬局)CVSやWalgreensに、洗剤とかを買い出しに行っても、一体どの洗剤を買えば良いのかわからない!粉末洗剤ってものは、全然ポピュラーではないんですね。液体洗剤は沢山あるんですが、柔軟剤とか漂白剤とかもあるから、どうしたもんかと。

結局、嫁に電話していちいち教えてもらう訳です。。「洗濯したいんだけど、どの洗剤買えばいいの?」って。嫁がいないと、何も出来ないお父さんです。面目ない。。。
20180318_200.jpg
あとは嫁が縫ってくれたランドリーバッグ(写真左下のビールボトル柄の大きな巾着)に、下着やシャツを詰めこんで、GoogleMap片手にコインランドリーに向かいます。

コインランドリーも、お店ごとに少しづつ支払いシステムや装備が違っていて、カードが使えるようなところ、25セント硬貨のところ、自販機でTokenを買ってそれで洗濯機を回すところなどなど。

ここで困ったのが、洗濯機どうやって使ったらいいかよく分からない…。洗剤を入れる所とかはなんとなく分かったのですが、いくつかあるスウィッチのどれが正解なのか…。ウール用とか、ヘビーデューティーとか、色んな設定があるのですが、どれが普通設定なのと。。

まぁ適当にボタンをおして、あとはiPhoneやKindleで時間を潰します。週末を挟む出張の時は、週末の一大イベントは、洗濯です。

もう何十年も前、社員寮に住んでいた独身時代は、同じように100円玉のコインランドリーで洗濯する生活でしたが、久しぶりにやってみると、時間もかかるし大変ですね。10年前にトロントに渡った時に最初に住んだアパートは、地下のコインランドリーに行って洗濯するパターンでした。自分一人の洗濯物ならまだしも、家族全員分の大量の洗濯物を抱え、当時1歳の息子を抱っこして、毎日のようにコインランドリーを往復していた嫁。「とにかく、どんな家でもいいから、部屋にウォッシャー&ドライヤーがある家に引っ越したい!」とずーっと言っていましたが、そうだよね。

2 コメント

なのはな  

コインランドリー、私も最初にアメリカにきた時、どう使っていいのかわからずに途方に暮れました。。よく考えたら、日本にいる時は洗濯もしたことがなくて、ありったけの服を2週間着た後、どうしようもなくなって、アパートのランドリーに行きました。なんとなくお金を入れたら洗えたのですが、今度は乾燥機の使い方が分からず、日本からもってきた服が大分縮みました。。この間、洗濯機が壊れて、新しいのが来るまで2週間掛かったんで、コインランドリーに何度か行ったんですが、ハイテクになっていて、これまたどう使ったらいいのか分からずに悩みました。。(大汗)はっきりというと実は今度来た洗濯機と乾燥機が何気にハイテクで、同じ設定でしか使ったことがありませ。。

2018/03/20 (Tue) 01:32 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

なのはな さん

洗濯難しいです。アメリカに最初に来た時は、逆に巨大なダイアルがガーンとあるだけのシンプル洗濯機で、それはそれでダイアルをどこまで回せば良い感じになるのか分からず、結局まだ日本で引越し準備していた嫁に電話しました。家事とか200%任せっきりなので、本当に何もできないダメ旦那化してます。

2018/03/20 (Tue) 10:44 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です