カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ブリティッシュブレックファスト

週末はロンドンで過ごしたのですが、月曜日からはお仕事タイム。ロンドンでミーティングし、車で一時間半くらい北上して、またミーティング。次の日は、ロンドンに戻って、夕方にはまた電車で北部へ帰り…など、なかなかハードな出張スケジュールでしたが、いろいろな風景が見れて良かったです。

郊外の町で食べた朝ごはんが、こちら。「伝統的なブリティッシュブレックファストってどういうの?」と、イギリスのスタッフに聞いていたとおりの一皿でした。
20180417_000.jpg
トースト、グリルしたトマト、サニーサイドアップのたまご、ベーコン、ソテーしたキノコ。ボリュームはありますが、見た目にも綺麗だし、美味しいです。イギリスはご飯がまずいという噂を昔からよく聞いていましたが、そんなこと無いよなぁと思ったり。

キノコの奥に隠れて、写真ではちょっと見えないのですが、みんながトライしてみろというので、ブラック・プディングもエクストラで注文して食べてみました。みんな、日本人が外国人に納豆をオススメするときのようなイタズラ顔でオススメしてきたので、一体どんなトンデモフードが出てくるのかと思っていましたが、個人的には「まぁ、無しじゃないけど、何が美味しいのかも分からない」って感じでした。もっと血の感じが強くて、沖縄料理のチーイリチーみたいな感じなのかと想像していましたが、意外とあっさりしていたし。ただ、好んで食べるかというと、別に…って感じですね。

典型的なアメリカンダイナー朝食(パン、エッグ、ベーコン、ポテト)に比べると、ポテトの部分がベイクドトマトとキノコになっている分、ボリューム的にも控えめだし、ヘルシーに思えます。ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です