カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

釣行記録・爆釣するも逃した大物はデカイ

あぁブログの更新が一週間遅れくらいになっております。イギリス出張から帰ってきた週末、時差ボケで夜中に目が冷めてしまうのをいいことに…
20180414_805.jpg
朝から、ひとり修行の旅に出ました。この日の一週前の週末は、ロンドンでビール飲んで「いいなぁ、いいなぁ」なんて言われたものですが、釣りバカ野郎的には「ロンドンでビールもいいけど、釣りしたい。まじ釣りしたい。いますぐカリフォルニアに帰って釣りに行きたい」とか思っていたり(笑)

出張続きで全然釣りに行けていなかったので、この日も気合を入れて朝から頑張ったのですが、気合が空回りしたのか一匹目をまたしてもバラすという大失態…

でも気を取り直して…
20180414_800.jpg
ちびっこだけどサクッとゲット。

今年から試しに使い始めたメーカーのワームが炸裂して、連続ヒットです。小さいけど…。
20180414_803.jpg
このくらいのサイズのアタリが多いですね。メチャクチャ元気よく引くので楽しいのですが、やはり春先産卵前の大物が釣りたい所です。セコくワームで釣りしているからダメなのかしらん…と、ハードルアーも投げてみますがこちらにはさっぱり反応なし。。

この日は、何かローカルの大会でも開催されているのか?というくらいバスボートが多く出ていて、とにかくポイントの奪い合いがひどかったですね。。さすがに一時日本に帰国している前から何年も通い続けたフィールドなので、そんな仁義なきポイント争いのなかでも、誰も見向きもしないようなポイントからバスを引っ張りだすのです!
20180414_801.jpg
いぇーい。40cmには少し寸足らずでもなかなかいいサイズです。

その後も良い感じで釣り続け、久しぶりだからなかなか切り上げられずにダラダラと午後2時くらいまで釣り続けます。我ながら疲れ知らず。
20180414_802.jpg
この日の最大はこちら。ギリ40cmってところか。。太っていて2ポンドは超えてきたので、とりあえずヨシ!。この日は、このサイズを2本獲ったので、満足、満足!


……
と思ったら、最後にガツンときたのが余裕の50オーバー。まさか最後にこんな大物がかかる思っていなかったので、完全に油断していました。その油断につけこむ用に、ガボガボと水面に余裕で拳1.5個分がスッポリ入るくらいの大口を見せたかと思った次の瞬間、足元の石積みに猛烈なつっこみ。水草で覆われたエリアでしたが、沖に走ってくれる分にはなんとかいなせたかもしれません。でも足元の石積みの下は完全にアウトです。真横に走るように一気に石積みの下に突っ込まれ、ドラグがジーっとなったまままったく止められず…。リーダーが岩をこするゴリゴリゴリゴリという嫌な感触…。ようやく止まったと思ったら、案の定ラインが岩に巻かれてウンともスンとも言わない状態(涙)。ゆるめてしばらく岩から出てくるのを待ってみたりしましたが、どうやらすでに大物はラインをぶち切って逃げてしまったようです。。無念…。

そもそもスピニングタックルで大物をかけて取れるような場所じゃなかったよな、、とか、まさか日が昇ってからこんな大物がくると思っていなくて油断した…とか、無理にでも止めて浮かせればよかった…とか、とにかく悔しい思いがこみ上げてきます。

くそぅぅ…と、傷心のままトボトボと土手を歩いていると
20180414_806.jpg
ギルやストライパーのブッコミ釣りをしている、頭にミニパラソルみたいな帽子をかぶったパラソルおじさんが、ニカぁと笑って「はろー」と声をかけてきました。このパラソルオジさんのパラソルがあまりにも愉快だったのと、にかぁと笑った顔があまりにも味わい深かったので、なんだかとっても癒やされましたね。パラソルオジさん、ありがとう。

で、お家に帰っていろいろと反省しながら、テラスで一杯。
20180414_804.jpg
逃した大物は大きかったですが、よくよく考えたら結果20匹の爆釣で、2ポンドオーバーも2匹なので、上出来ですしね。

0 コメント

コメント大歓迎です