カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

豪邸のお誕生日会にお呼ばれした

週末は、11歳児がお友達のお誕生日会にお呼ばれしたので、出張帰りで若干時差ボケのお父さんでしたが、家族を乗っけてイーストベイからウォルナットクリーク方面にブブーンと走り、緑の多い閑静な住宅街の小高い丘の上の豪邸まで行ってきました。
20180714_000.jpg
ワキ家が6年前くらいにフォスターシティにやってきたときに、当時6歳児だった息子ちゃんを入れたサマーキャンプで初めてできたお友達のJ君のお誕生日会ということでお呼ばれしたのですが、J君一家はロシア系で、お誕生日会にはお爺ちゃんお祖母ちゃん、従兄弟の一家など、一族大集合。そんなところにひょっこりお呼ばれしたアジア系一家、まぁなんだか面白い経験でしたね。J君一家に会うのは、前回の帰国前にプレイデートして以来(記事)。

学年はひとつ違うのですが、同じ小学校だったので、学校が終わったあといつも公園で一緒に遊んでいたのですが、J君とJ君の弟のD君と一緒にナニーさんに見てもらっていました。お金持ちの多いベイエリアでも、フルタイムのナニーさんを雇っている家庭は、ワキ家の身近ではこちらの一家だけでしたね。その後、「フォスターシティには良い家は無いわ〜」と、イーストベイのこちらの家に引っ越して行ったのですが、そんななかなかゴツイご一家のゴツイお家。GoogleMapで見た段階で、「これ…、一軒家の大きさには見えないけど、一軒家だよね…」と嫁と話してはいましたが、いやぁ凄い家でしたわ〜。プールもこんな感じ。
20180714_001.jpg
こんな立派なプールがあるだけでもすごいのですが、丘の斜面の半分くらいは所有しているらしく、なん部屋あるんですか?という巨大な母屋の裏には、まだまだ土地がたくさん余っていました。そのうち何か建てるとは言っていましたが。。

旦那さんが料理好きで、素敵な前菜やBBQをいただきました。お父さんはドライバーなのでお酒は遠慮しましたが、嫁は「飲め飲め〜」と、ずいぶん飲まされていました。みんな英語で会話しているのですが、なんかエキサイトしてくるとロシア語の応酬になって、何言ってるか分からないけど、なんか楽しいわ〜と、嫁はずいぶんと楽しんだようです。ワールドカップの話とか、夏のバケーションの話で盛り上がっていましたね。ちなみに皆様、子供は両親に預けて、夫婦だけで数週間のバケーションに出かけるのが恒例だそうです。。
20180714_002.jpg
いやぁ、こんなお家に住めたらいいでしょうなぁ。蛇とかコヨーテとか出るって言っていましたが。

2 コメント

gyogyojin  

庭の手入れとか掃除大変そう~
なんてことが気になる庶民なgyogyojinでした笑

2018/07/16 (Mon) 11:17 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin さん

手入れ…、掃除…

……
それはですね、コントラクターを雇って掃除とかお手入れとかぜ~んぶやってもらっているんですよ(笑)。もうなんていうか、維持システムをみるだけでも、個人の家って感じじゃないですよね〜。会社組織みたい。

2018/07/17 (Tue) 14:54 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です