カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

祝!とんでもない大物を釣り上げた!

出張先についですぐの土曜日、午前中はうだうだと部屋を掃除したりして過ごしていたのですが、このままでは一日がもったいないよなぁと、お昼すぎに釣り道具を抱えて、バスに乗って探検に出発!

GoogleMapでいろいろと調べた結果、バスに揺られて20分、そこから10分ちょい歩いたところにあるスポットに行くことに。
20180721_000.jpg
着いてみると、こんな感じ。眼の前をカヤックやバケーションを楽しむポンツーンボートがひっきりなしに行ったり来たりするのは、少々釣りには邪魔ですが、なかなか雰囲気は良いです。

水はクリアで、水草も多め。全体的に水深も浅いので、日も昇ってしまったこの時間ではちょっと厳しいかもなぁと思ったのですが、最初のポイントで粘っていると、グググン!というアタリが。
20180721_001.jpg
なんとか最初の一匹をゲットです。初めての場所はボウズも覚悟で来ているので、とりあえず一匹でも釣れた時の安堵感と達成感が半端ないです。

このあと、川を上流に釣り上がっていきます。水深が浅くて、ブルーギルの魚影は濃いのですが、大きなバスが出そうな場所がなかなかありません。川沿いの木々も濃く、思いっきり竿を振れるようなオープンスペースも少ないので、これは厳しい戦いになるかなと思ったその時!!

水通しの良い川の中腹に投げて、じっくりと誘っていると、ガツン!というアタリが。よっしゃ!いるじゃん、サカナ!と合わせた瞬間、ゴゴゴッと重量感のある反応がしたかと思うと、いきなりギギギーーーーーとドラグが走ります。

これは…、デカイぞ。

普通なら、ここで「よっしゃぁ!」という感じなのかもしれませんが、私はいつも大物をかけるといつもこう思ってしまうんですよね。

やべぇ!デカイ!まじか、捕れるのか、これ?

このときは本当に、「やばい、やばい、やばい、まじか、まじか、まじか」とやり取りの間もずーっと思っていました。なんせ、サカナが止まらない。ようやく止めたと思っても、またすぐに走り出すし、水草をラインが擦っていく嫌な感触も。

なんでスピニングの8ポンドっていうタックルのときに、こんなのが掛かっちゃうんだろう。困ったなぁ。。。と5分くらいやり取りしていたのですが、とりあえずサカナの顔だけでもみよう!と、ちょっと強引に水面に浮かしてみます。実はこの時は、巨大なチャネルキャットフィッシュ(ナマズ)を掛けたのだと思っていました。が、水面に出てきた背びれは、まごうことなきスズキ系の背びれ。おぉぉ!でっかいストライパーかよぉ!!、やばいエラ洗いされたら、このラインいかれる!と、すぐにまた少し沈めます。

その後も慎重に5分近くやりとりを続け、浅瀬に誘導。顔をこっちに向けたら、すーっと浅場に引き寄せて、ガツッとハンドランディング!
20180721_002.jpg
でけぇ!!!!このライトタックルで、この状況で良く捕れたな、これ。

計測すると、81cm。10.5ポンド越え。うーん、もうもうちょっと長いと思ったけど、80越えなら十分ですね。立派なストライパーです。ちょうど目の前を通ったポンツーンボートでくつろいでいたオッサン、オバちゃんもビックリ。周囲を見回すと、少し離れたところでヘッドフォンをして涼んでいるオネエチャンが居たので、サカナを抱えて「エクスキューズミ〜!写真撮って〜〜!」って、走っていったら、眼を見開いて「Oh My Gosh!!!!」って叫ばれました(笑)。リアルガチのオーマイガーです。
20180721_003.jpg
抱えてみるとこんな感じ。デカイな。確かにコレを抱えたオッサンが、林から息を切らして飛び出してきたら「オーマイガー!!!」って言うしかないよねぇ。「私のカメラでも写真取らしてよ、いやぁビックリしたわぁ」って。
写真を撮ったら、すぐにリリース。しばらく浅瀬でチャポチャポした後に、すーっと泳いでいきました。

ふぅ…。やったね!まさかこんなのが釣れるとは。

ここでもう結構やりきった感があったのですが、初場所なのでせっかくだから更に北の方も探検に。

そしたら、今度は47cm、2.65ポンドの大きなバスが。
20180721_004.jpg
いつもなら、これを獲って大喜びのサイズですが、この日は流石にクールでしたね(笑)

いやぁ、それにしても驚きました。振り返ってみると、ヤバイヤバイと言いながらもかなり冷静にサカナを誘導して、危なげなくランディングしていたかな。絶対に突っ込まれちゃいけない岩や沈み木は避けるように上手く取り回せたし、針も延ばされたり折られたりしなかったし。ココらへんは、長年釣りをしていて海や川でいろんなサカナを上げている経験値からきたのか、やっぱ何事も経験が大事だよねぇなんて思ったりもしましたね。

とりあえず、やったね!

4 コメント

JPNSFO  

ヽ(^。^)丿

おお~!!
すごい大物が釣れましたね!
海水魚でも大きいのに、これって淡水魚ですよね??? ワキさんブログを今まで読んでいて最大級の大きさの魚だな~
おめでとうございました🎊

2018/07/27 (Fri) 02:58 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

JPNSFO さん

ありがとうございます。

このブログ始めてからでは、一番大きいサカナかもしれません。このサカナは、海にも川にも湖にもいるしぶといヤツで、本来は海のサカナだと思うのですが、川も遡上してきますし、ネバダ州などの内陸のダムとかにも放流されてでっかく育っています。サンフランシスコ沿岸や内陸にも沢山いますよ。

2018/07/27 (Fri) 10:15 | 編集 | 返信 |   

gyogyojin  

まさにgyogyogyo!
実は奥さまが釣ったんじゃないのぉ
なんて勘ぐってみたりして笑
おめでとうございます!!!

こんな奴、写真撮ってみたいなぁ

2018/07/29 (Sun) 21:39 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin 先生

> 実は奥さまが釣ったんじゃないのぉ

ギクぅ!!(笑)

いやぁストライパーが居るのはしっていましたが、まさかワーム食ってくるとは思いませんでした。やりました!

2018/07/30 (Mon) 08:20 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です