カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

甘すぎるカツ丼

いつも納豆ご飯やカップラーメンではイカン!イカン!と、近所を開拓することに。前に行ったことのある中華食堂とイタリアンデリに行ってみたのですが、なんと!!!

両方とも潰れてる(涙)

ま、あまり混んでない質素なお店を選んで行っていたので、潰れちゃうのも分かる気はしますが、なんとも悲しい。もしかして、自分が貧乏神なのかも(苦笑)。

仕方ないので、家とは反対方向にテクテクと歩いて、何度か行っているタイ・ヴェトナム食堂にでも行こうかなと思ったら、その近くに一度だけラーメンを食べにいったことのある、寿司&ラーメン屋というなんともアメリカっぽいお店があったことを思い出しだので、再訪。

ラーメンという提灯がぶら下がっております。
20180724_001.jpg
前はラーメンを食べたのですが、普通のラーメンでした。でも今回はラーメンはパス。美味しくない訳ではないのですが、量とか具材とかがどう考えても値段に見合わないんですよね。ラーメンって、高いんですよね。とにかく高い。

でも寿司も地雷の香りがするし…と、丁寧にメニューを眺めているとポークボウル発見!カツ丼ですね。カツ丼。丼ものって、ラーメンより当たり外れが少なくて量もある割りに、ラーメンより全然安いので素敵です。ということで、カツ丼をオーダー。
20180724_002.jpg
やってきました、カツ丼。ラーメンの丼にはいっておりますね…。見た目はOKです。さてお味の方は…


……
ほぅ、悪くないね。うん、これなら十分。なかなか美味しいと食べ進めていくと、途中でちょっと気になることが。タレというか割下が凄く甘い。。最初カツを頬張っている時はべつに良かったのですが、この甘め割下が汁ダクなんです。ご飯の下までシャビシャビというか、じゅんわり〜と。それでも最後まできっちりいただきましたが、ちょっとお水ないときつかったなぁ。こんな味の濃いつゆを汁ダクにしなくてもいいのに。。。カツ丼後半戦は、せめて味噌汁があればなぁと思ったのですが、アメリカでこういうメニューを頼むと、洋食のスープ感覚で味噌汁だけ真っ先に出てくるので、本体が到着するころには飲み終わっているか、すっかり冷めているんですよね。

ま、それでもお値段的にも十分許容範囲だったので、また来ちゃうな。次はチキン丼(となりのテーブルで頼んでいた人の様子を見る限りは親子丼)を試してみよう。

0 コメント

コメント大歓迎です