カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

3時間という中途半端な時差問題

カリフォルニアと東海岸を行ったり来たりの二重生活ですが、先週末にカリフォルニアに戻りました。二週間ぶりかな。
201808030_000.jpg
帰りの飛行機が結構揺れてドキドキしましたが、無事に着陸。

この行ったり来たりの生活、イースタンタイムとパシフィックタイムの3時間の時差というのが、結構きついです。いや、かな~りキツイです。

まず東海岸に行ったとき、この場合は3時間時間が早まります。なのでオフィスに9時に出かけよう!と、7時半に起きるのですが、この場合体内時計は早朝4時半。じゃあ「今晩は早く寝るか!」と言っても、夜10時はまだサンフランシスコでは夜7時。ぜーんぜん眠くならない。困った、困った。

でウエストコーストに戻ってくると、異常に朝早起きになると(笑)。そして夜は早く寝てしまう。こちらのケースの場合は、異常に朝早起きになっても週末とかは「早めに釣りに行けからラッキー!」くらいのノリなので、東に行くケースよりは全然楽ですね。

で、なにが辛いって、この微妙な時差って、無理やり治さなくても「眠い、眠い」と言いながら、なんとか乗り切れちゃうのが厄介者なんですよね…。ってことで、しばらくは早起きオジサンだな。


0 コメント

コメント大歓迎です