カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

未だ修行中。

久しぶりに、朝ちょこっと修行場に釣り修行に行ってきました。子供と一緒のときは、3本のフックがついているハードルアーは危ないから封印しているのですが、一人の時はハードルアーの修行といのが、今年のパターン。
20180903_000.jpg
出張の合間に二週間ぶりくらいにやってきた修行場は、なんだか大盛況。凄い数の人です。。晩秋になると、ブルーギルやストライパーを狙ってチャイニーズキャンプやアミーゴキャンプが土手に並ぶのですが、まだその時期には早いのですが、なんてこった。。

ルアーを手にしたグループなんかも結構居て、先にポイントを叩かれてしまいそうなので、こちらも焦ります。ポイントを叩くだけなら良いのですが、雑に入られてポイントを荒らされたり、「それは…」というサイズの魚をキープしたりされるのがツライんですよね。

焦りながらもせっせと良さげなポイントを打っていきます。しかし、前日からおそらくかなり攻められてハイプレッシャー状態なのか、魚の反応がありません。。ワームでじっくりやればすぐ釣れるとは思うのですが、男のハードルアー一本勝負なのでそういう訳にもいかず。。

焦り始めたところで、水草の隙間を通したルアーにググン!とアタリ。
20180903_001.jpg
着水から潜らせて、1ジャーク目を止めたところで来ました。この日はこの一本で終わる雰囲気も満載だったので、「バレないでよ…、バレないでよ…」とただただ祈りながらのファイト。無事にネットインしたときは、凄くホッとしました。パシャリパシャリと記念撮影してそーっとリリース。こういう時もこの瞬間を中華キャンプのオッサンとかに見られると、さてもう一匹釣りますかぁ!と思ったら、知らない間に数メートル横で知らないオヤジが竿を振ってるとか、パラソル立ててるとかよくあるので、気を遣います(苦笑)。

いつもだったらここから更に数時間てくてく歩いて進むところですが、この日は人も多いので、ここで折り返し。
20180903_002.jpg
最後は駐車スペースに近いところで粘っていたら、ちびっ子が釣れてきてくれました。よしよし。

今年から修行しているこの釣り方、まだまだ全然マスター出来た感じはないのですが、とりあえず結果はでています。2ポンドオーバーも何匹も獲っているし。でもYoutubeで上手い人の動画とかをみると、自分のやり方なんてまだまだ全然なんですよね〜。引き続き修行あるのみですな。

0 コメント

コメント大歓迎です