サンフランシスコの南から 〜オンタリオ湖畔から・第三章

サンフランシスコ郊外に住む一家の家族のブログ。トロント、日本、サンフランシスコ、日本、そしてまたカリフォルニア。流離うサラリーマン一家。

イングランドでイングリッシュビター THAT (Teme Valley Brewery)

THAT

ねぇ、このブログってビールブログじゃなかったの?もう全然ビールのこと書いてないよね。と嫁に時々言われます。たしかになぁ、結構飲んではいるのですが、全然書いてません。ビールカテゴリの記事が1000を達成するまでは、細々とでも書き続けたいとは思っているんですけどね。

ということで、久しぶりにビール記事。こちらは英国出張中にホテルの隣のスーパーマーケットで買ってきて、ホテルの部屋でちびちび飲んでいた一本。
20180909_900.jpg
Teme Valley Brewery という、ロンドンの北西、マンチェスターの南にある、Worcesterという街にあるブリュワリーのTHATなるビール。こちら褐色のボディで、甘いキャンディのような香り。こういうの好きなのですが、カリフォルニアにはこの手のビールはなかなかないんですよね。アルコール度数は4.1%。輸出用だと保存のためにもう少しアルコールをきつくしたりするので、おそらくイギリス国内にしか出回っていないのではないでしょうか。飲んでみると、なんでしょう…、軽やかな甘さに、ナッツとバターのような風味。いやぁ、こういうの良いですよね。ザ・ビターって感じで、美味しいなぁ。

パブで飲んだビールもそりゃもう格別の美味しさでしたが、瓶ビールも美味しいぞ、イギリス!ごちそうさまでした。


0 コメント

コメント大歓迎です