カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

イギリスのお城を訪問

週跨ぎでの出張だったので、週末があったのですが、釣り竿も持ってきていないし、ホテルの部屋でカタカタ仕事しているだけなのもナニなので、ちょっと外を探検しにいってみました。

街からUBERでずんずん移動して、たどり着いたのがこのお城。Warwickという街にあるお城です。
20180912_000.jpg
どうですか。格好良いお城ではないですか。要塞って感じで、ディズニーのお城みたいなちょっと近代風でオシャレなお城とちがって、11世紀に建築されたという、国盗り合戦していた中世の時代からのお城なので、ザ・城塞といった感じです。

入場料を払って、中に突撃。お城のなかはこんな感じ。
20180912_001.jpg
たくさんの家族がピクニックをしに来ていました。みんなお弁当とかもって芝生やピクニックテーブルでお茶してたりと、ここらへんの風景は東京ドイツ村と変わらないですね(笑)

城壁の上まで登って、街を展望します。
20180912_004.jpg
ヨーロッパの郊外は、緑が濃くて絵になりますね。城壁の上までは、医師の螺旋階段をひたすら登ってくるのですが、まぁ狭いしステップは細いし暗いし…。見張りの兵士とか絶対に何人か、階段で躓いて転げ落ちて大怪我していたに違いない。

お城の中のメインの館は、中が博物館のように、当時の晩餐や寝室、執務室などを再現した展示や、こういった鎧や絵画などの展示がされています。
20180912_002.jpg
甲冑は格好いいのですが、ただただ重そう。。

城の裏手に流れる川には、水車小屋が。
20180912_003.jpg
やっぱりここは釣り師の性でしょう、偏光グラスをつけて水車小屋とかどうでもいいので、じーっと魚を探してしまいます。水草の影にたくさんの小さい魚がいました。もっと大きな魚を求めて川辺をあるいていくと、パイクっぽい細長くてナイスサイズの魚が水底でじーっとしているのを発見。あ~釣りて〜な〜(笑)

0 コメント

コメント大歓迎です