カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

秋休みボストン旅・その1

我が家のある学区は、夏休みが8月の中旬にスタートするというフライングスタートだったのですが、そのかわりに10月に2週間に及ぶ秋休みがあります。この変則休み、夏だったら子供たちはサマースクールとかに入れてあけるのですが、秋だとそういう訳にもいかないし、共働きの家庭とか結構たいへんなんじゃないかな。専業主婦のうちの嫁もブーブーいってるくらいだし(笑)

そのタイミングでまたニューイングランド地方に出張のお父さん。家族と過ごす夏休みもなかったし、良い機会なので3日ほど有給をとって…
201801006_000.jpg
家族と向こうで短い秋休みを過ごすことにしました。飛行機が大好きなシム子ちゃん、おめかしして出撃です。

夕方にSFOを出発、深夜にボストンのローガン空港に着く便。向こうに着いたらもう12時をを回っているので、ナニも食べられません。早めにチェックインして、SFOで腹拵えしていく作戦をとりました。

まずは…
201801006_001.jpg
乾杯(笑)。嫁にとっては、久しぶりのバケーションですからね。

今のうちに食っとけ食っとけと、各自パスタやナチョスを頬張ります。
201801006_002.jpg
ターミナルは、インターナショナルのスターアライアンスとは逆側のターミナル。JALが発着する方なのですが、こちら側はラウンジも少ないし、飲食店も少ないので、どこも大混雑しておりました。しかもいつも行くところは工事中で閉まっていたし。

ビールを飲んでいい気分になったところで、いざ搭乗。
201801006_003.jpg
我が家の子どもたちにとっては「飛行機=テレビや映画見放題、ゲームやり放題、お菓子やジュースももらえる」という一種のアミューズメントパーク。さっさと自分の席に着席して、カバンからヘッドフォンやお菓子を取り出して、遊び始めます。親としては「飛行機怖いよぅ」とか騒がれるよりはよっぽど良いのですが、「君たちさぁ、ちょっと飛行機慣れしすぎちゃいないかい?」とは思います。

飛行機は遅れもなく、定刻に出発し、深夜に無事にボストン到着。さーて、ここから数日間のボストン旅行、短い時間でどこまでできるかな。

0 コメント

コメント大歓迎です