カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

秋休みボストン旅・その5 Quincy Market

カルーセルでくるくる回って楽しんだら、次はランチタイムです。ボストンの観光名所 Quincy Market に向かいます。
201801007_202.jpg
Wikiによると、クインシー・マーケットではなく、クインジ-・マーケットと発音するらしいです。こんどこっちのスタッフに聞いてみよう。1825年に建てられたという、歴史的建築物。

なかはこんな感じで、一階にはズラーッと常設のフードコートとお土産屋さんが並んでおり、名物のクラムチャウダーやロブスターロールはじめ、たくさんの屋台的グルメが。それを求めて、大勢の観光客で賑わっております。
201801007_203.jpg
2階建てで、2階はテーブルと椅子のランチスペース、そしてユニクロが入っています。ユニクロ、すごいな。

我らのチョイスは、こちら。
201801007_204.jpg
やっぱクラムチャウダーだよね〜という事で、クラムチャウダー。そしてもう一つはロブスタービスク。サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフでも、ブレッドボウルのクラムチャウダーは人気ですが、こちらのクラムチャウダーは、サンフランシスコの塩っけの強いやつより、マイルドなお味で美味しかったです。クラムチャウダーって、塩っけの強いこと多いですよね。なんでだろう。ロブスタービスクもみたまんまの美味しい一品だったのですが、ビスクはブレッドボウルじゃなくて、普通のカップで良いですね。。ブレッドボウルにはチャウダー一択だな、と再確認。

ご飯を食べたら、近くにある違うマーケット Boston Public Market までお散歩。
201801007_206.jpg
途中にあるサミュエル・アダムス先生の銅像。ボストンといえば、サミュエル・アダムスのボストンラガーですよね〜(記事)。

Boston Public Market もローカルフードの小さいブースが並ぶ、常設のマーケット。
201801007_205.jpg
こちらではデザートにアイスクリームを買ってみたり、お父さんはローカルクラフトビールのお店に探検しにいってみたりしました。こういうマーケットは楽しいですよね。トロントのセント・ローレンス・マーケットが懐かしいです。

そこからさらにテクテクと、ダウンタウン方面に向かい、途中フリーダム・トレイル沿いにある墓地(こちらも歴史名所)やシティホールを観光したり。
201801007_207.jpg
かなりの距離を歩いたので、シムコちゃんもお疲れの様子だったので。ここで初日の散策は終了。

東海岸は、カリフォルニアに比べると歴史があるし、英国風な趣もあるのが素敵ですね。

2 コメント

こぐれん  

ボストン、いいですね!住んでいた時に行きそびれたので、いつか日本からでも行きたいと思っています。おっしゃる通り、建物にカリフォルニアとは違う雰囲気が漂っているように見えます。続きも楽しませて頂きます☆

2018/10/21 (Sun) 09:41 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

こぐれん さん

ボストンならJALの直行便が出てますしね。ただ、同じお金と時間を使うなら、ヨーロッパとか他の選択肢も出てきてしまうので、ちょっと微妙になっちゃいますが。。
街の感じや気候に、トロントに住んでいた頃を思い出します。

2018/10/21 (Sun) 23:02 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です