カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

太めピルスナー Mill Street Pilsner (Mill Street)

Mill Street Pilsner

しばらく行っていないのだけれどもトロントの名所ディスティラリー地区にブリューパブを構えるMillStreetのピルスなーです。

MillStreetPilsner000.jpg
トロントのピルスナーといえば SteamWhistle (記事) なのですが、MillStreetのPilsnerはどんな感じかな。

MillStreetPilsner001.jpg
緑でホップの描かれたラベルがホッピーピルスナーへの期待感を煽りますね♪

MillStreetPilsner002.jpg
アルコール度数5.0%のピルスナーです。金色をイメージしていたのですが、なんと深いオレンジゴールドのボディカラーです。香りはもうピルスナーならではの軽やかにまさにビールという穀物とホップの香りです。お味のほうは、おぅ苦味が最初にじんわりくるけれども、なんか甘みというか深みのあるボディ。クリスピーで爽やかにホップの苦味とともに抜けていく本格派ピルスナーに比べると、ボディの芯が太くて優しい甘みとマイルドな感触もあり芳醇系ピルスナーとでもいった感じかな。ビールといえば苦味マイルドラガーでしょという日本人にはかなりたまらない感触だと思う。
ひさしぶりにブリューパブ行きたいなぁ…

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です