カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

苦手の秋パターンのはずが…

秋パターンの釣りは当たり外れが多くて苦手なんだよなぁと、この前書きましたが、先週末の釣りではもはや秋だから秋の釣り!みたいなパターンは諦めて、とりあえずいつもの釣りでやってみようと、原点回帰することに。

201801103_006.jpg
前日タックルウェアハウスから届いたワームも、ここ数年はめっきり出番の少なくなったゲーリーヤマモト大先生のワームです。昔はゲーリーさえあればOK!と、ゲーリー以外を買うことはほとんど無かったのですが、ココ数年は他のメーカーのワームに浮気していました。

ということで、この日は、今シーズン練習しているジャークベイトも封印。ワームオンリー!ただただ地蔵のように時間をかけてじっくり粘る!という、得意の??釣りオンリーで攻めることに。真冬の釣りパターンの練習も兼ねてって感じですね。
201801103_000.jpg
最初はスピニングタックル。朝、まだ風も弱く、ジャークベイトやクランクベイトを巻き倒したい気分ですが、そういうルアーは全部家に置いてきたので、朝のプライムタイムからダウンショットでチマチマ攻めます。

いやぁ、魚がどこについているか分からない秋のパターンなのに、こんな釣りでいいのかしらん?と思わなくもないですが、ものの数投で一匹ゲット。。。
201801103_002.jpg
うーむ、セオリーとかなんとか言っても、何年もかけて身につけた技とデータに勝るものはないということか…。こんな釣りだけを何年もやってたしなぁ。そしてゲーリーヤマモト大先生のカットテールは、やっぱり何年経っても相変わらず釣れるということか。

その後もチマチマと探っていきます。ハードルアーだったらものの30分で探ってしまう数十メートルの範囲を、何時間もかけて探るという、牛歩殺法。
201801103_001.jpg
それでもこんな感じでポツポツ釣れてしまうので、燃費が良いのか悪いのか。

お昼近くになると、風がかなり強くなり、スピニングタックルでは底をとるのが難しい状況に。ここでベイトタックルにチェンジ!
201801103_003.jpg
しかしこのポイントは、とにかく根掛かりが多く、テキサスリグなんかでもシンカーを重くすると簡単に根掛かりしてしまうし、本当はラバージグで攻めたいところですが、風と波に流されたラインが岩を拾ってしまい、どうにもこうにも外れない根掛かりも多発。

ま、もう何匹か釣ったし、いつもは使わないワームでも試すか!と、前夜タックルウェアハウスから届いたゲーリーヤマモト大先生のファットイカを投入!ネットでは釣れる!釣れる!でも高い!という記事を昔からよく見ていましたが、好みの問題で、細長いワームが大好きで、太くて短いワームはイマイチ好きになれず敬遠してきたので、買ったこともありませんでした。でも今回、コレといった理由があったわけでも無いのに、何故か一袋買っていたのです。いやぁ、お酒を飲んでの夜の通販って、本当に危険ですね(笑)

使ってみての感想は、「めちゃ飛ぶ。。」。強風のなか、バボーン!と飛んでいきます。で、底につくまで何十秒もじっくりまって、ラバージグと同じ要領で探ってくると…
201801103_004.jpg
オー!初イカフィッシュゲット!実は最初のアタリは合わせですっぽぬけてしまったのですが、「まじか、いきなり当たったぞ!」と、集中してやっていたらフォールでラインをひったくって行きました。やっほぅ!

その後も地蔵にように微動だにせず、ひたすら底を取ることに集中し、底をとったら軽くシャクってはまたジーッと底をとって待つ。。。という、他人がみたら「何が楽しんだろう、あの人?」というスタイルで、粘っていると…
201801103_005.jpg
キター!!!久しぶりの良型!47cm、2.5ポンド!もう少し体高があれば3ポンドはいっていたと思うのですが、ナイスバスです。ハードルアーでポンポンと手早く探っていく釣りも楽しいのだけど、こういう地味でスローな釣りでも十分楽しんじゃってるし、やっぱり自分には向いているのかも。。

結局6時間くらい釣りをして、計10匹ゲット!苦手の秋の釣りの割りには、サイズもそろったし悪くない一日でした。6時間もやりましたが、ハードルアーだったら2時間もかけずに回ってしまうポイントを6時間かけて攻めるという。。釣れたので正解だったとは思うのですが、うーむ…。

0 コメント

コメント大歓迎です