カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

娘と息子を連れて、ボウズを喰らう(涙)…

この日は珍しく、子どもたちと釣りに行くことにしたお父さん。前日釣りから帰ってきたお父さんに、シム子ちゃんが、「釣りにいきたい〜」というので、娘にはデレデレなお父さんとしては頑張るしか無いわけです。

でもまぁ釣りに行きたいと行っておきながら、いざ釣りを始めたら30秒で飽きる気まぐれ5歳娘を連れて行くとなると、一体何釣りが良いんだろう…。嫁は他に用事があるので、お父さんと12歳児と5歳娘の3人となると、機動力が必要な釣りは無理だし、海でチョイ投げとかもいいけど安全第一だし、困ったぞ。。

ということで、お父さんがチョイスしたのは、ニジマスのブッコミ釣り。これなら竿を投げ込んだら、あとは任天堂3DSや携帯電話で遊ばせておくだけ。
20181104_501.jpg
やってきたのは、先月からトラウトの放流が始まったイーストベイの湖。

放流が始まりシーズンインしたこともあって、かなりの人出。
20181104_500.jpg
足場が良いところは、すでに竿が鈴なりだったので、ちょっと離れたところまで歩いていってベースキャンプを設置。

さっそく竿を3本投げ込んでアタリを待ちます。
20181104_503.jpg

… 一時間
……
…… 二時間

釣れね〜!!!!!

20181104_502.jpg
まったくカスリもしません。周囲を見回しても魚をあげている様子は無し。到着したときにはすでに竿を何本もならべていたグループもあまりにも釣れないので、早々に退散してましたが、どうやら朝イチで2匹ほどゲットしていたようです。

20181104_504.jpg
3時間ほど頑張りましたが、本当にピクリともしないのでギブアップ。まさかココでボウズを喰らうとは…。5歳娘に大きなニジマスを釣らせて、家に持って帰ってグリルにする予定だったのに。…無念。

また今度リベンジだな。

0 コメント

コメント大歓迎です