カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ボストン暴飲暴食事件

今回のボストン出張は、暴飲暴食を重ねました。いつもは出張して来ているのは一人なのですが、今回は他にも何人か来ていたこともあって、ボストン出張歴10ヶ月の身としては、いろいろとお付き合いしないといけませんし。

また、ボストンオフィスで一緒に働いているB君も、飲酒大好きなニューイングランドのオッさんなので(私より若いですけどね)、「行くか?」というと「おぅ、行くぜ!どこのパブにする?」ってな感じだったりするので、ついついね。
20181107_003.jpg
ということで、この日はまず一発目として、場末感漂うキャッシュオンリーのバーで一杯引っかけます。ボストンの彼は、ファミリーから電話があったので、今日はビールだけしか付き合えないというので、じゃあとりあえず一杯という話だったのですが…

ほんの一杯のつもりが…
、、二杯に…


ま、二杯でやめておきましょう、
が…、当然のように三杯に…(笑)


酒飲みの典型的なダメパターンですな。ナニも食わずに、3パイントのビールをいただきました。しかも、IPA、ヴィット、スタウトの組み合わせ。悪乗りしましたねぇ。

その後、B君と別れた後、シーフードが食べたいというサンフランシスコオフィスの同僚と…
20181107_004.jpg
リーガルシーフードで牡蠣、ムール貝、カラマリ…と、海鮮ツマミの宴に突入。

海鮮おつまみで、ビールやワインを何杯か注入し、もうこれでお腹いっぱいエンディング気分だったのですが、「もう一軒!もう一軒!食い足りない、食い足りない」というので…
20181107_000.jpg
じゃぁジャパニーズでもと、日本食のお店まで移動。シーフードだけではお腹が膨れないと言うのです。いや、お腹いっぱいでしょう、十分ぽっこり膨れてんじゃん!と思うのですが、こうなったら最後までお付き合いしましょうと腹を決め、だし巻き卵やつくね串など、おつまみを並べてしまいます。

おつまみ並んじゃうと、お腹いっぱいでも食べてしまうのが、酔っぱらいおじさんの悲しいところ。いやぁ、食った。最後は Japanese Sake の熱燗の徳利2本も空けたし、久しぶりの暴飲暴食ナイトでした。
20181107_001.jpg
しかし、〆のソバまで行くとはね…。しかもウニ&イクラのプリン体満載蕎麦ではないですか。ホスト役としては、頑張らないといけないと、なんとか最後まで付き合いましたが、きつかったなぁ。。

でも本当にきつかったのは、次の日の朝。飲みすぎたわ、飲み過ぎ〜。もう若くはないですからね。自重しないと。

0 コメント

コメント大歓迎です