カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

煙いサンフランシスコに帰還。

先週末にカリフォルニアに帰還しました。流石にサンクスギビングを一人のアパートで過ごすのはどうなのよ、という事もあって、今回は一週間ちょいで、山火事で大変なことになっているカリフォルニアに帰還。

夕方までにはフライトの予定だったのですが、3時間ちょいのディレイ。

飛行機の遅延が発生しだすと、空港のロビーも混雑しますよね。午後早めの時間にはボーディング予定だったし、空港までのフリーウェイは大渋滞することがあるので、お昼すぎには空港入りしたのですが、時間も時間だったため、何か食べられるところはどこも満席状態ですし、ロビーの携帯の充電ができる場所はすでに占拠されてしまっていました。
20181116_100.jpg
困ったぞと、行きのチャイナエアーのラウンジ同様に、ボストン・ローガン空港のターミナルCでも、プライオリティパスで入れるラウンジがあるんじゃないの?と検索してみたところ…

ありました!このパスでも入れるラウンジ。こちらターミナルCはボストン・ローガン空港のなかでも JetBlue や TAP Air Portugal など、大手の航空会社に比べると、少々地味な航空会社がメインのターミナルなので、あまり期待していなかったのですが、ラッキー!
20181116_102.jpg
ということで、潜入!広々としてサービスも凄いという訳には行きませんが、ロビーは混んでいたので、ゆっくり座ってパソコン広げられるだけもラッキーとしましょう。

ありつけた軽食はこんな感じですけども(笑)
20181116_103.jpg
椅子に座れて、充電できて、サミュエル・アダムスのビールがいただけただけでOK!夕方近くになってきたら、野菜スナックやタパスっぽいおつまみも出てきたようですが、その時間になるとラウンジも混雑してきて「満席なので、ごめんなさいね」って断っていました。こうなると、入れただけでもラッキー!って思わないといけませんね。それにしても、クレジットカードの特典がココに来て活躍するとは。今までベネフィットなんて、ちゃんとチェックしたこともありませんでしたが、チェックしてみるものですね。これがクレカのベネフィットではなくて、自分で年会費払って加入しますか?と言われたら、今の所ちょっと微妙かなぁ…ですが。

結局、満席の飛行機が飛び立ったのは、完全に日が暮れてから。
20181116_000.jpg
こうやって夜のボストンエリアを上空からみると、かなりの都会に見えますが、実際の体感は日本のちょっと大きめの地方都市くらいの感じ。サンフランシスコもそうですが、東京という異常な大都会と比べてしまうと、どこも都会は都会なんだけどね…という感じに映ってしまいます。

山火事の影響か、ネバダからヨセミテ上空を抜けてサンフランシスコに到着。窓から見える夜景も、すこし霞がかっていた気はしましたが、赤く灯る光が、火事のものなのか街の灯りなのかはよく分からなかったです。
20181116_001.jpg
SFOに降り立ってみると、聞いていたとおりに煙臭いですね。UBERの運ちゃんいわく、「今日が一番最悪かもね〜」と行っていましたが、子供たちの学校も休校になったのも分かります。せっかくカリフォルニアに帰ってきたのに、しばらく釣りにも行けなさそう…。くそぅ…。地図を見ると、メキシコくらいまで南下しないとダメそうで悲しいです。早くおさまると良いのですが。

0 コメント

コメント大歓迎です