カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

おフランスかと思ったら、チャイナ@SFO

今回の出張フライトも、エアラインはいつもの JetBlue 。サービスが良いので毎回使っていますが、マイレージがどことも提携していないのが少し悲しい。
20181106_100.jpg
JetBlueは基本国内線なのですが、サンフランシスコ空港のターミナルは、インターナショナルターミナルの JAL や Virgin Atlantic なんかが使う側に間借りしています。ずーっと端っこまで歩いて行ってエスカレーターで二階ほど下ったところがゲート。

この日は出発まで少し時間があり、深夜到着便なので何か食べておかないといけないとと、カフェまで行ってみたのですが、激混みで入れず。バーカウンターも満席でした。手荷物検査を出たところにあったバー&グリルが、比較的いつも空いていて愛用していたのですが、免税店になるようで潰れてしまいました。悲しい。代わりに、少し離れたところに、サワードゥでお馴染みのボウディンのカフェが出来ていましたが、こちらも混んでいたのでパス。

困ったなぁ、どこかのラウンジに潜り込めないかしらん…と調べてみると、クレジットカードの特典で加入したプライオリティパスというラウンジサービスで、エールフランス航空のラウンジに入れるらしいことが判明。この歳まで、クレジットカードについて来た特典とか気にしたことも無かったのですが、色々とお得なものがあるんですね。

ということで、いざエールフランスのラウンジに潜入!
20181106_101.jpg
が!!!


……
エールフランスのラウンジで受付をして、「OK!じゃあ外に出て、2階に行ったところにあるから」と言われて来たところは…、チャイナエアーのラウンジじゃないですか!

仕組みはよく分からないのですが、「2階にはチャイナエアーのラウンジしかないんだけど」と、エールフランスのラウンジ受付に再確認したのですが、「そうよ!チャイナエアーのラウンジ使ってね」と。。。う〜ん、そんな説明、Priority Pass のどこにも書いていなかったけど、そういうものなのか??

エールフランスのラウンジとか初めてなので、ワクワクしていたのですが、まさかのチャイナエアー。心は完全に「おビール、シルブプレ」からの「メルシー、メルシー」だったので、何だか少し裏切られた感じはありますね。
20181106_102.jpg
それでも、ゆっくり座って軽食とビールにありつけたし、綺麗で空いているラウンジでひと息つけたので、全然OKなのですが、なんでしょうねぇこのスッキリしない感じ。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です