カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

濃ゆいSFの中華街でランチ

山火事の影響による大気汚染で大変なことになっていたところに、ようやく雨が降り、落ち着きを取り戻しつつあるベイエリアですが、これは雨が降る前の話です。

ボストンに入り浸っている間に、サンフランシスコで通っているオフィスが、マーケット・ストリートを挟んで金融街方面に引っ越ししたので、お昼休みに同僚とテクテク歩いて、中華街方面まで行ってみました。(どこも混んでいてランチ難民と化し、気がついたら中華街まで歩いてきてたという事なんですけどね。)
20181120_000.jpg
中華街…。サンフランシスコの中華街には、個人的にはあまり良い思い出は無いんですよね。もうずいぶん前の話、まだ海外に住むことになるなんて、これっぽちも考えていなかった頃の話ですが、新婚旅行の最中にサンフランシスコに立ち寄ったのです。何泊かしたので、ある日の晩、「ご飯を食べに中華街に行こう!」と、中華街に来てみたのですが、

……
違う!!これ、思い描いていた中華街じゃない!これ、リアルじゃん!濃すぎるって!!リアルチャイナじゃん!!
と。

当時は横浜に住んでいたので、横浜中華街を思い描いていたのですが、たどり着いたサンフランシスコの中華街は、リアル中華でした。横浜の中華街のような観光地仕様ではない、普通に中国系の人たちが生活しているエスニック街。いやぁ、サービス、治安、衛生、どれをとっても、まだ海外素人だった我々にはハードルが高かったわけですよ。嫁も帰国子女とはいえ、見渡す限りモロコシ畑のインディアナ州での〜んびり育ったわけで、猥雑なアジアン街とか絶対にNGなタイプでしたし。入ったレストランも『歓迎光臨』感ゼロだったし。その時のイメージがあるので、その後サンフランシスコの南に住むことになって以降も、あまり近寄ったことがありません。特別な用もないのに、わざわざ行く場所では無いなと。

そんな中華街のはずれの方にあるヴェトナム食堂が、この日のランチスポット。
20181120_001.jpg
Golden Star Vietnamese Restaurant。そこそこ人気店のようで、外まで人が並んでいました。

ちょっと待って、席に通され「42番を下さいな」注文をすると、、、
20181120_002.jpg
「はいよ!」と、ランチョンシートに注文番号をボールペンで書きこんでいくシステム。これは!注文を間違えないという意味では合理的といえる仕組みかもしれませんが、なかなか新鮮!「エッグどうする?」と聞かれたので、エッグ追加はプラス$1.5-だったのですが、オバちゃんの勢いに負けて「じゃあエッグも乗っけて!」と言うと、42という注文番号のとなりに、目玉焼きのマークも書いていきました。斬新だなぁ(笑)

42番は、Five Spice Chicken のランチプレート。ヴェトナム料理は、PhoやBunといった麺系だけでなく、スパイスの効いたお肉系BBQも外せません。中でも、この Five Spice Chicken がお気に入り。
20181120_004.jpg
骨付きモモ肉が、良い色合いにローストされております。香りもいいし、お味のほうもご飯が進むお味です。ただ、デカかった。思ったよりもデカかったです。ランチにしては食いすぎたなというくらい、お腹いっぱいになりました。

ごちそうさまでした。

Golden Star Vietnamese Restaurant
11 Walter U Lum Pl,
San Francisco, CA 94108

0 コメント

コメント大歓迎です