カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

嫁、ホリデー祭壇を作る

少し前のブログで書いたと思うのですが、師走に入り、我が家の暖炉付近にホリデーデコレーションが施されてきました。

夜、居間の机で勉強する息子と、ダイニングテーブルで仕事をしていたお父さん、ふと暖炉の方をみて思ったんです。
20181202_500.jpg

……
なんかこれ、祭壇みたいになってきたよね。。いろいろとライトアップすると、何かを祀った祭壇みたいな感じに。12歳児も、「お父さん、これ何かを祀っているように見えるよね…」って。なんか暖炉の前に並べたモノが、お供え物みたいに見えてくるんですよね。最近は、シム子ちゃんがアドベントカレンダーから出てきたレゴを、一つ一つ並べたりしているものだから、一層そんな感じに。

同じくリビングに置いてある、本棚兼コレクション棚の一角も、こんな感じに。
20181201_200.jpg
嫁のコレクションからいろいろと集めてきて、クリスマス風にデコレーションしたんだそうです。「今年はツリーを飾る予定はないから、小さいツリーを買ってきたんだよね〜。いいでしょ?かわいいでしょ?」と盛んに同意を求めてきます。こういうときは、当たり障りなく「いいね〜」とか言っておくのが良いでしょう。

で、ツリーは飾らないと言っていたのですが、シム子ちゃんが「ツリー、欲しい…」と言ったので、、、
20181208_999.jpg
結局、小さいツリーを飾ることにしました。

仕事中にLINEが来て、スーパーマーケットで売っていた生木を見て、「娘が、ツリー欲しいなぁと言ってるんだけど…」とのことなの、「なに!すぐに買いましょう。」と。カワイイ愛娘が欲しいって言ったら、そりゃ即買いは仕方ない。

1mちょいくらいの背の低い小さい生木です。このサイズでも、やっぱり生木を置くと、部屋の空気が締まりますね〜。やっぱりツリーがあると無いとでは、雰囲気が全然違ってきます。買ってよかったかな。

0 コメント

コメント大歓迎です