カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

嫁、12月のアンティークフェア

「ねぇ、今週の日曜日って何が予定ある?今週は、出張とか入ってなかったよね?」と嫁が聞いてきたのですが、出張の予定は無し。天気予報をチェックすると、釣りには行けそうだけど、激しいストームが来ていたので、釣り場の状況は微妙。「今週末は特に予定はないけど、釣りに行くには微妙かなぁ。何かしたいの?」と返すと、「次の日曜日ってさぁ、第一日曜日なんだよね〜」ですと。

あ〜、なるほどね。月の最初の日曜日はといえばアレです、アレ。アラメダのアンティークフェア

ということで、お父さんは子供たちとお留守番。嫁は、朝5時半集合で、ママ友と出発していきました。お父さんも人の事は言えませんが、大好きな釣りでも、この時期の早朝なんて暗いし寒いだけなので、こんな時間に出かけることはありません。本当に好きだねぇと頭が下がります。
20181202_100.jpg
12月の日の出前ともなると、流石に海沿いはめちゃくちゃ寒く、明るくなるまでは出店も少なかったようです。暗くて見えなかっただけかも知れないけどさ(笑)って言ってましたけど。

今月のアンティークフェアは季節柄、こんなモノが沢山あったみたい。
20181202_101.jpg
サンタのたたき売り(笑)

12月ということで、クリスマスグッズが沢山出品されていたそうです。嫁も、今回のメインターゲットはクリスマスオーナメントだったとのことですが、今年はクリスマスツリーを立てる予定は無いのです。ツリー買わないのに、オーナメント買ってどうするの?といういう顔をしているお父さんに、「ツリーがなくても、オーナメントは飾れるのよ!」と言っておりましたが。

留守番していたお父さん。気温は寒かったけれども天気は良かったので、5歳娘とスクーターで家の近所をお散歩していたら、ブルルッブルルッと携帯が鳴り、こんな写真が送られてきました。
20181202_102.jpg
こっ、これは!!最近、お父さんが今更ながらハマり始めたシンプソンズのバートとマギーではないですか。ちょっと良いな。しかし注目なのは、並んで立っているブルーの瞳のカワイイヤツ。ピルズベリーのドゥボーイ!以前に嫁がどこぞの教会のバザーかなにかで4体ほど仕入れてきたヤツラが、嫁のコレクション棚に繁殖しておりますが(記事)、毎日の見ていたら、だんだんと可愛くなってきてしまってですね、今は嫁よりもお父さんのお気に入りになりつつあるという。もう一体身請けしてきてもらっても良かったのですが、結構なお値段だったので、今回は見送りました。

この日は、大物の購入は無し。戦利品の数も控え目でしたが、前回のフェアに続いて(記事)、ずーっと探していたモノに出会ったそうで、「いやぁ、やったわ〜!」と笑顔で帰ってきました。そちらの話は次回以降で。

0 コメント

コメント大歓迎です