カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

嫁、ついにコンプリートする Camp Snoopy Glass

アンティークフェアに行った嫁から送られてきた写真の一枚がコチラ。
20181202_203.jpg
おぉぉ!ついに出会ったのね。

こちら、スヌーピーのコップなのですが、マクドナルドでノベルティグラスとして出された、スヌーピーキャンプコレクションというシリーズのグラスです。
20181202_200.jpg
これ、どうやら1983年に展開された5種類のグラスセットのようなのですが、他の4種類はずいぶん前にまとめてゲットしてあったのですが、最後の一個になかなか巡り会えていなかったんです。どうしても揃えたいのなら、eBayとかで買っちゃえばいいじゃんと思うのですが、嫁いわく「そういうものではない。」のだそうです。アンティークフェアやスリフトショップなんかで偶然出会う出会いこそが、醍醐味なんだとのこと。

揃えたという結果が大事なのではなく、自分の足で出会い値段も納得のいくリーズナブルな価格だったらゲットする、というプロセスを楽しむことが目的なようです。なのでせっかく出会っても、状態や値段に納得できなかったら身請けしないと。

分かるような気もしますが、お父さんの場合、釣りにでかけて釣れなかったら、どんな方法を使ってでも、どんなちっこい魚であろうとも、とりあえず釣ろうとしちゃうタイプなので、真に理解しあえる日は来ないかも(笑)。


我が家では、昔からスヌーピーが人気です。Peanuts の作者の Charles M. Schulz が、北カリフォルニアのサンタローザの人で、博物館にちょいちょい行っていたりというのもあるし、Peanuts って、考えさせられるような話も多くて、子供にも読ませたい作品ですしね。
20181202_201.jpg
ということで、グラスセットコンプリートを記念して、嫁のコレクションボックスの一つが、Peanuts コーナーになったようです(笑)。左端にいるルーシーの人形も、今回みつけてきたモノだそうです。

0 コメント

コメント大歓迎です