カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

大渋滞の理由、橋の上の女

土曜日、前の週は家族の都合等もあって釣りに行けなかったので、「今週は釣りに行くからね!絶対に行くからね!」と、釣りに出かけていたお父さん。釣果のほうは、今度また別の日記で書くとして、今回の話はサンノゼでくらった大渋滞の話。

サンノゼからサンフランシスコ方面に向かう、ハイウェイ101の週末の上り車線、インターチェンジの分岐はいつも大行列になっていますが、普段は渋滞になることはありません。
20181208_000.jpg
しかしこの日は、急に大渋滞になりました。GoogleMapをみてみると真っ赤っ赤。通過まで数十分から下手をすると一時間以上はかかりそう。こちらの車線は4車線、5車線は当たり前の世界なので、ちょっとしたマイナー事故程度では、渋滞になってもココまで長距離に渡って車がピタリと止まることはなかなかありません。たいていずーっとノロノロと進み続けるパターンですが、今回のこれは何車線かを完全封鎖しているケース。トレーラーでも横転して何車線も塞いじゃっているのではないかと、ラジオをつけてみると…

なんでも、この高速道路にかかる橋にぶら下がってる女性を発見したので、サンノゼポリスが現在上下車線ともに封鎖して説得中。上下車線とも一車線のみ開けて封鎖してますとのこと。。最初ラジオで聴いたときは「Woman が hanging down the bridge で、Police が trying to calm down!??」それって何よ??と、頭の中が「???」になりましたが、そこから数十分後、件の橋を通過する時したのですが…
20181208_001.jpg
本当に、女性が橋にぶら下がっているよ!!!橋の外の柵に、しがみついている女性と、2名の警察官を確認できました。もう一時間以上はこんな感じで、橋にしがみついたままポリスに説得されているのかぁ。何があったのか知らないですが、疲れたでしょう、そろそろ諦めたほうが良いかと。

その後のサンノゼ警察のTwitterによると、女性は無事に保護されたそうです。
20181208_002.jpg
理由は分かりませんが、上下線封鎖の大渋滞でした。大迷惑ではありましたが、無事に保護されてよかったです。


0 コメント

コメント大歓迎です