カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

娘ちゃんとドラゴンボール

さて、年末の数日は、5歳娘のシム子ちゃんと、千葉の実家でゆっくり過ごす予定でしたが、「ドラゴンボールの映画に連れて行ってほしくなっちゃった」と早速のリクエスト。それではと、ネットで近所の映画館をチェックして、オンラインチケットを購入。
20181229_000.jpg
朝一番の上映にやってきたのは、大型ショッピングモールに入っている映画館です。

何をやるにも、歳の離れたお兄ちゃんの影響を受けているシム子ちゃん。最近、12歳児がドラゴンボールに夢中になっていると思ったら、数日後にはシム子ちゃんも夢中に。お絵かきさせれば、悟空やベジータ。鼻唄を唄っているかと思えば、氷川きよしの「限界突破×サバイバー」(『ドラゴンボール超』OP曲) という始末。

お兄ちゃんも観たい!と言っていたので、年明けアメリカに戻ったら、お友達と観に行けばと言っていたのですが、シム子ちゃんも「私も連れてって!!」と、お兄ちゃんのお友達に混じって観に行く気満々でした(笑)。「アメリカで行くんでしょ?」と聞くと、「日本語版 (野沢雅子版の悟空) も見たくなっちゃったんだよ〜」ですって。日本でも、アメリカでも二回観に行く気のようですね。。。ポップコーン食べられるから、映画館大好きだもんね。シム子ちゃん。
20181229_001.jpg
ということで、到着したら最初にやることは、ポップコーンの入手であります。

それにしても、日本のサービスは、素晴らしいですね。
20181229_002.jpg
バケツサイズのハーフ&ハーフ (ソルトとキャラメル半分づつ) のポップコーンと、ドリンクを買ったのですが、プラスチックのバスケットに入れてくれたんですよ。すごい!このバスケットがあれば、持ち運びも便利だし、映画鑑賞中、座席にトレーがなくても、膝の上でこぼす心配も無しです!素晴らしいなぁ。ハーフ&ハーフのポップコーンも、ちゃんとバケツの間に間仕切り入れて、混ざらないようにしてあるし。

あと、映画館に幼児用のチャイルドシートがあるのもいいですね。
20181229_003.jpg
映画の方は、ドラゴンボールなんてお父さんは久しぶりに観ましたが、野沢雅子さんが相変わらずお元気そうで、喜ばしいことですね。お父さんにとっての悟空の声は、釣りキチ三平の声なんですよ。主人公の三平三平 (ミヒラサンペイ) の声が、野沢雅子先生なんです。子供のころ、夢中になったなぁ。まさか将来、海外で仕事して、カナダでアイスフィッシングしたり、アメリカで毎週末バス釣りに行くようになるなんて思ってもみませんでしたけど。

最近、娘と続けて映画に行きましたが(記事)、やっぱり釣りばっかりしていないで、こうやって子供の面倒もみないといけないよねと思いました。まぁすぐ忘れて、釣りに行っちゃいますけどね。

0 コメント

コメント大歓迎です