カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

2年前のクリスマスプレゼントを、ようやく開封

2年前…

我が家には、2年前(正確には2016年)にお父さんが12歳児にプレゼントしたクリスマスプレゼントが未開封のまま、ずーっと眠っておりました。

2年前の、2017年の1月というと、カリフォルニアからの本帰国を控えて、色々と大変だったので、せっかく買ったクリスマスプレゼントも、未開封のまま引っ越し荷物にぶちこまれ、そのまま日本へ。日本でも、新生活で色々とやることもあったし、大量の引っ越し荷物、半分くらいは「ま、気が向いたら開封しましょうかね。場所もないし」ということで半ば封印状態。

そして1年もたずに「やっぱまたアメリカ行くわ」と宣言し、戻ってきてから1年。とうとう開封された、父から息子へのクリスマスプレゼントがこちら。
20180118_200.jpg
コンピュータです。

カノ 2017コンピュータ学習キットという、Raspberry Pi という小さな基盤の、小さなコンピュータです。2年前、コンピュータやプログラミングに興味を持ってほしいということでプレゼントに選んだのですが、今や12歳。。「MacBookPro買ってよ」とか普通に言うくらいに成長してしまい、少々時期を逃した感もありますが、「お~、すげ〜!楽しい〜」と、喜んでくれました。
20180118_201.jpg
ただの学習キットだと思っていたら、さすがに処理速度は少し重いものの、Youtubeとかブラウザも入っていて、普通に楽しめています。6歳娘のシム子ちゃんも、「お兄ちゃんのコンピュータ、私も触りたい!」と興味を示しておりますが、アニマル娘にぶち壊されないか、ちょっと心配(笑)


0 コメント

コメント大歓迎です