カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

戦友との再会 in ロンドン

金曜日の朝、サンフランシスコの南の家を出て、ロンドンに到着したのは、ロンドン時間の土曜日の午後2時くらい。

飛行機の中で思ったよりも十分な睡眠時間を取れなかったので、眠い。。飛行機の長旅を終える度に、なんだかギシギシと痛む膝や肘に、もうオレも若くはないんだなぁ…(涙)と、しみじみと思います。

今回は、空港からホテルまでは電車利用。仕事できてるんだし、タクシーで行こうと思っていたのですが、また来ることもありそうなので、時間のあるときに、電車ルートで市内まででる路線にトライということで。
20180202_100.jpg
ヒースロー・エクスプレスという、ロンドンのパディントン駅までの電車を利用します。ターミナルを出た所にある。タッチパネルの券売機で券を買い、駅のプラットフォームに向かいます。平日の空いている時間帯専用のオフピークチケットとか色々あって、ちょっと戸惑いますが、まぁ迷ったら普通のチケットを買えばいいかなと。

到着したターミナル2から、駅のプラットフォームまでは、地下に潜ってから遠い、遠い。ターミナル一個分くらいは歩かされた気がしますが、やってきた電車が、コンセントのタップもついた綺麗で新しい電車だったので超快適!疲れていたけど、少しアゲアゲに。

これがサンフランシスコ国際空港からの場合、あの汚くて臭くて世紀末感満載のBART(記事)になりますからねぇ。毎日通勤で乗っていますが、サンフランシスコにやってくる知人から、「空港から電車で市内に行こうと思っているんだ」と聞かされるたびに、「…絶対におすすめしない」と告げております。旅の最初にBARTに乗る。チャレンジングすぎるって…。旅がいきなり台無しになる確率、高いって…。人にはオススメできないです。UBERかLyftに乗りましょう。

一泊して次の日の午後には、また移動なので、まずはロンドンのターミナル駅近くのホテルに一泊します。チェックインしたら、少し休んで、前職での戦友に連絡。

SNSに「空港オジさん」よろしく、イギリス来たよ〜なんて上げていたら、前職の知人から「こっちも仕事で今、イギリスなんですよ!」なんて連絡が来たのは、去年のこと。その時は、互いの都合が合わずに会えなかったのですが、仕事の案件で、ちょいちょいイギリスに来ているということだったので、今回トロントでの乗り継ぎのときに連絡してみたところ、なんと!ロンドンで、数時間だけタイミングが合うことが判明!
20180202_101.jpg
前回サンフランシスコに渡る前に、ヴェトナム方面の案件を共に戦った戦友との再会です。何年ぶりかなぁ。5年以上ぶりでしょうか。こういう旧知の仲間と、ゆる〜くなが〜く繋がっていられるのは、SNSの良いところ、ありがたいことです。

ホテルで落ち合い、市内のカフェで2時間くらい、互いの近況報告などで盛り上がりました。彼も私も、この5年間は激動というますか、大変な事も多かったですが、今こうしてロンドンで再会するなんて「お互い、挫けず頑張ってなんとかサバイバルしてるぜ!やってるぜ!」って感じがして良いね!な〜んて、励ましあったりしてね(笑)。

心の充実した、土曜のロンドンの午後でした。

0 コメント

コメント大歓迎です