カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

パズルは激安だったが…、問題は、フレームだった…

さて、スリフトショップで買ってきた年代物の Peanuts (スヌーピー) のジグソーパズル。「パズルのような作業、実は好きみたい」という嫁が、子供たちの(主にアニマル6歳娘)の妨害を交わしながら、次々と完成させていくわけで、こうなったら額に入れて飾らないとね!ということで、マイケルズに行ったわけですが(記事)…


……
額!たけーよ〜!!!

額、高いです。高いと言っても、まぁ仕方ないかなというお値段ではあるのですが、なんというか、、、

パズルは、スリフトショップで、ペットボトルのお水も買えないくらいのお値打ち値段でゲットしてきてしまったわけで、それと比較してしまうと、下手するとお値段100倍近いですよ(笑)!マイケルズの割引クーポンがあったので、100倍は行きませんでしたが。ま、どんだけパズルが安かったんだよ…って話なんですけどね。。

ということで無事、フレームに入れられて飾られたパズル達。やっぱりいいですね〜。
20180222_000.jpg
って、たしかこの250ピースのパズルは、4セット買ったはず。なぜ3セットしか、飾っていないのでしょう。。

答えは、一個だけサイズが微妙に違って入らなかったから。パッケージに書いてある縦横サイズは4つとも一緒なのに、なぜか1個だけ微妙に大きかったという。。この雑さ加減が、アメリカですよね〜。結局フレーム一個、返品に行ってきました。

1000ピースの大物は、我が家のパズルの一等地、トイレの壁に設置されました。
20180222_003.jpg
ここ、お父さんの北アメリカのゲームフィッシュパズルが飾ってあったのですが、スヌーピーに取って代われてしまいました…。ぐぅぅ。

とつぜん発生した、ワキ家のスヌーピーパズルブーム。これで一旦収束するのかな。それとも…、まだ増えていくのでしょうか…。

0 コメント

コメント大歓迎です