カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

嬉しかった!! クラッピー

Crappie

クラッピー!
これもゲームフィッシュ分類ではPanFishに分類される魚。でもたぶんPanFishの中ではキングの位置に位置すると思われる。結構でかくなるし。
淡水魚で魚類的にはブラックバスとかと同じサンフィッシュの仲間で、ホワイトクラッピーとブラッククラッピーの2種類がいる。なんでもいけちゃう雑食だけど小魚も襲うのでゲームフィッシュとしてはかなりポピュラー。wikiによるとthe best tasting freshwater fishとして人気があるみたい。

サイズの記録は53.0 cm (21 in)。重さは2.35 kg (more than 5.18 lb)。すげぇな。体高があるからこのサイズだと長さ以上に相当でかいな。

いやぁクラッピーちゃん釣りたかったんだ。日本にいないからね。
子供の頃ベビークラッピーっていう洋モノクランクベイトを持ってたなぁ。パタパタアクションするやつで、どんな魚なんだろう、クラッピーって・・・ってなんか憧れてたなぁ。カナダに来て釣りを再開してからというものずーっと釣ってみたかったんだけどポイントも分からないしバスとかギル釣りまくっていればそのうち外道で釣れるだろう!と思ってたら本当に釣れてうれしかった。

crappie200908.jpg

釣れたのはBlack crappie。

8月のとある週末、嫁と息子を無理やり車に放り込んで北のほうの湖に強行出撃!コテージで鍋でお米をコトコトと夕飯の支度をしている嫁からいい加減に早く戻ってきて息子をシャワーに入れてください!という再三のコールを無視?して、夕暮れの湖の桟橋でやっぱレッドペッパーは良く飛ぶし動きもキビキビしていて良いよなぁ・・・なんか出たらさらに良いよなぁ・・・パイクとか出ないかなぁ・・・でも飲まれてリーダー切られてロストしたら痛いなぁ・・・もっと日本から持ってくれば良かったなぁ…でもオレ、そもそもカナダくるまで海水専門だったのでメッキとかシーバスとかシイラしかやったことないけど、この動きでバスも出るのかしらん?なんて考えながらビュンビュン投げてはドッグウォークやダイブなんかを延々と続けていたら沖のほうでボチョーンと何か出た。
で、乗るには乗ったんだけど手ごたえ的に甘いか?と思ったら案の定1匹目はバレてしまった。まぁ水面を割ってでた時の感じでは中バスかなぁなんて思いながらめげずに投げてたら、ダイブ後のポーズで2発目!グィンと乗せるように合わせて慎重に寄せる。引くんだけどスモールのような鋭い突っ込みじゃないし、でもギルにしちゃ重いな。なんだ?なんだ?巨ギルか?巨パンプキンシードとかだったら気持ち悪いなぁ・・・と思ったらこいつだった!

超うれしいぃ!でも手元にデジカメがなかったので携帯写真。30弱ってとこか。その後また同じくらいのサイズがもう一発出た。夏の日暮れのトップは楽しいね。蚊がぶんぶんだけど。

0 コメント

コメント大歓迎です