カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

チャイナタウンチープイートを探せ!雛皮ほにょの巻

サンフランシスコのオフィスに出頭していると、どうしてもランチがねぇ…。市内ではどこで食べても高いんですよね。そんな時、我々を救ってくれるのは、ヴェトナム料理か中華。

ということで、この日はチャイナタウンのディープエリアに潜入。同僚の奥様が、ディープなグルメがあると中国人のお友達に教えてもらったという、チープ&ディープなグルメがこちら。
20180228_000.jpg
腸粉です。腸粉。ワキ家用語では、ほにょと言われる一皿です。

しかしこちら、ただのホニョではないですね。普通のほにょは、こちらでは Rice noodle roll と言われる、白くてツルンとした米の皮で具を包んでおりますが、こちらはなんだか線状にうねうねっとした米皮の上に具を載せている。表裏逆転な感じ。

後で調べてみると、雛皮腸粉なる、ほにょの一種のバリエーションのようです。雛皮ほにょ…ほにょの世界も深いですねぇ。

こちら、同僚の奥様情報では、「ここでしか食べられない!という、本場中華の方々にも人気の一品。ただ、味は普通らしい…」とのことでしたが、うん、確かに味は普通ですね(笑) 。でもみんなコレを食べていました。

ごちそうさまでした。ディープなサンフランシスコの中華街からでした〜。

0 コメント

コメント大歓迎です