カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

心の狭い男なんです。

出張の時、飛行機の席は可能な限り通路側で手配しています。ただ日程はいつも突発的に決まったりするので、三列シートの真ん中ということも多く、国内線とはいえボストンまでは6時間くらいの長距離フライトなので、きつい思いをすることも多いです。

ただ、今回は、行きも帰りも通路側確保!やったね!と思っていたのが、甘かった・・・・
20180327_100.jpg
それはボストンからサンフランシスコに戻る便でのことでした。朝一番に家を引き払って、空港にやってきたものの3時間の遅延。遅延には大分免疫がついてきておりまして、「またかぁ」くらいで余裕をかましていたのですが、ようやく乗り込んだ飛行機で、嫌な予感がしたんです…

周囲を…
…囲まれている…


周囲から聞こえてくる言語が、英語ではありません。中国語ではないですか!なんだか三世帯くらいの家族数組に囲まれちゃったみたいです。さっそく後ろの席のおじいちゃん、席番号を間違えて座ってしまった上に、CAに「席、そこじゃないですよ」と注意されても「??」と微動だにせずで、もめちゃってるし、その他の皆様も、やる気満々でスナックとかオツマミを沢山広げてるし。

さらに隣の席も、嫌な予感。隣の席は、一族の人ではなく、おそらくボストン出身と思われる、イマイチ垢抜けない感じの若者だったのですが、飛行機デビュー戦なのか分かりませんが、ものすごく舞い上がっていて、離陸前からパンパンのバックパックから、ありとあらゆるものを取り出して、盛大にお店を広げております。

嫌な予感しかしないんですけど。。

まぁ嫌な予感は的中で、どちらもCAが通るたびにCAを捕まえて、飲み物をゲット。オレンジジュース頼んだら、それだけにしておけばいいのに、「ソーダもくれ!」と。それを見ていた隣の若者も、「!!これって、言えば何個でももらえるのか!」と気がついたのか、スプライトとかコーラとかガンガンに注文し始めるし。

お前ら!そんだけ無茶したらトイレ近くなるだろ!!

って話でして、人の頭越しにCAにいろいろと注文しては、トイレに立つ。その度に、寝ていた俺を起こすわけです。こっちは長時間フライトだし、トイレも離陸前にバッチリすませて、飲み物も極力取らずに快適な空の安眠をする予定だったのに!

その他にも
 ・後ろの人がシートを蹴ってくるとCAにずーっと文句を言っている
 ・有料のフードサービスのメニューを、全部説明させ、「それ頂戴」と言ったた挙げ句、クレジットカードリーダーが差し出された瞬間、有料と悟って断る
 ・トイレに立ってなかなか帰ってこないと思ったら、なぜかカーテンあけてビジネスクラスエリアに突撃していて、注意されている

など、数々のイベントをかましてくれた私のお隣さんと、さらにそのお隣さん。広い心で大目に見てあげなさいよ、とは思うのの、心の中で何回「Fxxk」と叫んだことでしょう。心の狭い男なんですよ、わたくし。奥ゆかしさの無い人々は、心の底から苦手です。
 
最近、飛行機運が悪いんですよね。次からは窓際の席にしようかな。。

2 コメント

なのはな  

うわ〜!!怖いですね〜!だって、東海岸から西海岸って、日本だと国際線並の
時間が掛かりますもんね〜!6時間もよ〜耐えましたね!!私、いつも思うんですが、ああいう周りを気にしない人々って、やはり子供の頃からの教育の問題なんでしょうかね〜?人が多い国だからなのか?日本も人口密度は高いですよね〜。。いや〜。。口に出さなかったワキさんは心の狭い人間ではありません。お疲れ様でした。

<追伸>Yahoo!ブログが閉鎖になるので、一応(あまり更新はありません)引っ越ししました。。

2019/04/01 (Mon) 12:46 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

To なのはなさん

なのはな さん

東海岸までのフライトは、遠いです。。今回のフライトはなかなか大変でしたね。

お国柄というのはあるのでしょうが、周囲に配慮をしないというところばかりは、未だに慣れません。こっちが逆に気後れするくらい、ガンガン押してくるじゃないですか。海外生活も長くなりましたが、アレに対応する強い精神力は、まだ会得できていません。

2019/04/02 (Tue) 01:35 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です