カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ロンドンの名所、ビッグベンを目指すも…。。

さて先週末は、仕事で訪問していたロンドンで過ごしました。日曜日は次の仕事先への移動日だったので、土曜日だけですが、ホテルでパソコンに向かっているだけで時間を潰してしまっても、もったいないので市街へ探検に出かけます。

とはいえ、なんか一人で「わーい!観光に行くぜ!」みたいなので盛り上がれる性格でもないので、市街に行こう!と決めてから、「で、どこに行けば良いんだ?」とベッドの上で悩むこと30分…。
20190427_000.jpg
このままでは、結局ホテルに引き篭もりになる!と焦ったので、「とりあえず市街に向かってから考えよう!ついては、テムズ川付近まで行けば、なんとかなるっしょ!」と、ホテルから徒歩、バス、そしてロンドンアンダーグラウンド(地下鉄)と乗り継いで、市街地へ向かいます。

ウェストロンドンに滞在していたので、ロンドンの市街地までは結構時間がかかります。電車に揺られながら、とりあえずビッグベンだ!ビッグベンを見に行こう!と、目的地をビッグベンに設定。

地下鉄ピカデリーラインで、テムズ川の近くまで行き、GoogleMapを見ながらビッグベン方面へ。
20190427_001.jpg
観光地のど真ん中なので、観光客で大賑わい。ロンドンと言えばの、赤いダブルデッカーバスもたくさん入っておりましたが、なかにはこんな昭和風の車体も。良いですねぇ。子供のころに図鑑でみたり、ミニカーで遊んだ、イギリスの二階建てバスって、こんなでしたよね。

ビッグベンってどこだ〜?ココらへんのはずだったけど。。とキョロキョロしながら、ウェストミンスター寺院方面へ。
20190427_002.jpg
観光客だらけでしたが、何でも食べてしまうお国のツアー御一行がちょうどいらしており、歩道でオバサマ方がバッチリポーズを決めて写真会をしており、渋滞を引き起こしております。これなぁ…。困っちゃうやつですよね。パパパっとやって、「Sorry!」とか「Thank you!」とか言って解散するのが普通だと思うのですが、こちらの『お国柄 x オバサン』のコンビネーションは、そういう気遣いはゼロですからね。旅の思い出を!という気持ちは理解できるのですが、まぁなかなか終わらない(笑)。何枚、何ポーズ決める気だ?後で何十枚ものショットを見せられる家族もきついでしょう。これ。

その後もテムズ川付近をウロウロしますが、ここでようやく気が付きました。

さっきから目の前にあるコレ。。。
20190427_003.jpg
これが、ビッグベンじゃない!?

1年前も工事していましたが、まだ工事していたのか。。調べてみると、まだ何年かは工事は続くようです。フルスペックのビッグベンを見られる日は来るのだろうか。

その後、トラファルガー広場やピカデリーサーカス方面まで散策し、地下鉄に乗ってホテルまで戻りました。
20190427_007.jpg
ロンドン市内でなにか美味しいものでも食べて帰ろうかと思っていたのですが、人混みのなかで過ごすの苦手なんですよね。それよりも郊外や田舎の鄙びた町の食堂とかの隅っこでビールをちびちびしていたいタイプなんです。

0 コメント

コメント大歓迎です