カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

カップラーメン指数を唱えるオジサン

ロンドンで、Japan Centre という日本スーパーマーケットに行きました。なんとなく歩いていたら、出くわしたので、ちょっと日本食材の価格をチェックしに突撃したのです。

中にはお惣菜コーナー、デリも充実しておりまして、ラーメンなんかも作ってくれるみたいでした。
20190427_008.jpg
お弁当を買って、このイートインで食べることも出来るようで、なかなかの繁盛っぷりです。

お弁当チェック!
20190427_004.jpg
いいですねぇ。幕の内タイプのお弁当から、チラシ寿司タイプまで揃っております。お値段は、ニジヤマーケット価格よりは若干高めかな。味は確認していないので、分かりませんが、見た感じは美味しそうです。欧州はお米はどうしているのでしょう。カリフォルニアだったら、贅沢を言わなければ、普通に美味しいカリフォルニア米がたくさんあるので問題ありませんが、欧州の場合は日本からの輸入なのか、アメリカからカリフォルニア米の輸入なのか。どっちなのかな。

世界の経済を測る指標のとして、ビッグマック1個の価格を比較する、ビッグマック指数というのが有名ですが、日系食材の価格を比較し、日本人が住みやすい土地なのかを判定するのには…

私は、カップラーメン指数というのを提唱しますね。

ま、単純に海外でも売られていることの多い、赤いきつねと緑のたぬき、明星一平ちゃんソース焼きそばなどの価格を比較すれば、日本人が住みやすい土地かどうか分かると。
20190427_005.jpg
こちらの緑のたぬき、デカ盛りが特売で1.98ポンド($2.6-くらい)は安い!でもこれは特売価格なので、まぁ基準にはならないかも。

一平ちゃんが3.15ポンド。今のレートで、4ドルちょいですね。
20190427_006.jpg
うーん、これは西海岸カリフォルニア基準にしてしまうと、高い!でも東海岸基準だと、同じくらいか少し安いかくらい。とはいえ為替差は、実際に暮らす上ではさほど気にする必要もないので、1ポンド=1ドル=100円くらいの感覚でいくなら、3ドルちょい。そうだとすると、悪くないですね。

カリフォルニアの圧勝になるんじゃないかと思っていましたが、食材の豊富さや、お酒類の種類。お惣菜の充実などをみると、結構ロンドンのこちらのスーパーも良いかも!って思いました。こういうのって、実際に住んでみないと、分からないんですけどね。

0 コメント

コメント大歓迎です