カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

小籠包&焼き小龍包@ミルブレー

グローバルエントリーの面接を受けに、サンフランシスコ国際空港(SFO)に行った帰り道、せっかくだから何か食べていこうということで、やってきましたのは…

こちら!
20190520_100.jpg
ミルブレーにある、Shanghai Dumpling Shop です。

このお店には、サンフランシスコの南に移り住んだ初期の頃に飛び込んで以来の来訪かな。6年ぶりくらいってことか…(2013年の記事)。
20190520_101.jpg
小籠包が美味しい人気店だったという記憶があります。

ではでは、いただきましょう!

ご飯物は、毎回「麺派」と「米派」に別れますが、この日は12歳児のリクエストで炒飯。我が家には「土鍋(クレイポット飯)派」の嫁もいたりしますしね…。
20190520_102.jpg
パラパラっとした中華炒飯は結構好きです。日本の中華料理の炒飯とは、ちょっと違いますよね。

小籠包、餃子屋さんに来ると、とりあえず…で頼んでしまうことの多いのが、コチラ。
20190520_104.jpg
さつま揚げではありません。葱焼きです。なんか適当な前菜っぽいの無いかな…と見ていると、ついつい頼んでしまうんですよね。炭水化物じゃなくて、野菜とか豆腐とか頼めばいいのにとは思うのですが、中華屋って、なかなか程良い感じの分量の野菜とかって無かったりするじゃないですか。これなら子供たちも食べるので、ついつい頼んじゃう。

これも外せない、焼き小籠包
20190520_103.jpg
焼き小籠包といえば、12歳児をまだサンフランシスコ補習校に通わせていた頃、補習校近くのお店でよく食べておりました。懐かしい…。これ、肉まんみたいで美味しいですよね。汁気のあるものでもなく、食べきれなかったときに、持ち帰りやすいので、我が家では食べきれない前提でもとりあえず頼むという、人気のメニューです。

で、こちらが小籠包
20190520_105.jpg
10個入っているので、我が家では「焼き小龍包」+「普通の小籠包1蒸籠」で充分ですね。12歳児は小籠包大好きなので、半分くらい持っていこうとしますが(笑)

ということで、いただきます。
20190520_106.jpg
中華にくると、毎度毎度注文しすぎて大変なことになりますが。この日はまぁまぁ丁度良い分量だったかな。持ち帰りバッグ3個で足りましたし!(笑)

ごちそうさまでした。

Shanghai Dumpling Shop
455 Broadway
Millbrae, CA 94030

0 コメント

コメント大歓迎です