カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

いつものようにフィッシュ&チップスを。

今回のロンドン滞在は、ウェストロンドンでの定宿にチェックイン。ロンドンも陽が長くなっており、出張先のオフィスを出て、てくてく歩いて帰る時間は、まだこんなに明るいです。
20190605_100.jpg
UBERで、近くの繁華街にでも行こうかとも考えたのですが、やっぱり一度は顔を出しておかないとなと、前回の出張でお世話になったフィッシュ&チップス屋へ。

とても感じの良い中華系のご夫婦が営む、フィッシュ&チップス屋さん。「ハロー」と入っていくと、「あ、アメリカからきたジャパニーズのお客さんじゃない」と、前回来たことを覚えていてくれていました。こういうのって、嬉しいですよね。
20190605_101.jpg
フィッシュ&チップスの袋をぶら下げて、ホテルに帰還。

前回は、コッド(鱈)とPlaice(カレイ)のフライを食べたので、今回は、ハドック(Haddock)のフライをチョイスしました。
20190605_102.jpg
ハドックというのは、欧米ではフィッシュ&チップスの定番みたいな魚で、北大西洋に生息するコダラという鱈の仲間です。見た目は、スケトウダラに似てマダラよりスリムな感じ。スケトウダラはポラック(Pollack)という名前で、これもフィッシュ&チップスでよく見かけますね。

これを一本食べると、胸焼けします(笑)。なので、チップスにはビネガーを沢山かけて、食べるのが好きです。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です