カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

アーバインとフォスターシティのギャップ。

さて、アーバインに引っ越してきて、3週間ほど経過しました。最初は、新しい土地で色々と発見もある毎日でしたが、子どもたちの学校も始まって、だんだん慣れてきたかな、というところ。

そんな話を、晩酌しながら嫁と話していたのですが、彼女いわく…
20190830_000.jpg
なんか、朝から昼過ぎまでマダムたちが、ず〜っと優雅にテラスでお茶してるんだけど、一体どういう人達なんだろう。アジア系の駐妻マダムに間違いないとは思うんだけど、結構若い子マダムだし、仕事の打ち合わせとかには見えないし、どういう人たちなんだろう…と。フォスターシティで朝からカフェしてるグループなんて、リタイア組の爺ちゃん婆ちゃんしか居なかったけど…。って(苦笑)。

そして、これは私も感じます。インド系の人たちが少ない!息子の中学校の説明会に行ってきた嫁の感想は、「インド訛りの先生がいない!」というものでした(笑)。フォスターシティは、リトル・インディア化が、ずんずん進行していますからね。

あと、「アーバイン、日本人たくさんいるよ。」、って聞いていたのですが、子どもたちの学校含め、日本人が全然いないんですけど。。一体、たくさんいるという日本人は、どこらへんに集合しているのか…。

フォスターシティとの文化ギャップが新鮮なのも、今のうちだけだと思うのですが、こんな感じで元気にやっております。

0 コメント

コメント大歓迎です