カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

久々のダイナーランチ。@Tustin

週末、「ランチどうする?せっかくだから、外に食べに行こう」なんて、いつものような会話をしていたのですが、最近は外食と言うと日本食系が多くなってきたワキ家。久しぶりに、ダイナー飯を食べたいなということになり、Yelp検索して、やってきたのは、Tustin にあるカフェ。
20190929_200.jpg
Friends Cafe というお店で、どこにでもあるショッピングセンターの一角にありました。

店内は、外からみるより、かなり広いです。
20190929_201.jpg
バーカウンターには、生ビールのタップやローカルワインなども充実しており、飲めるものなら飲みたい気分ですが、車でしか来られないようなこんな場所にあって、さらに午後3時に閉店という、典型的なブレックファストとランチオンリーのダイナーなのに、いったい誰が生ビールとか、ワインとか飲むんだろう…。

では、いただきます。キッズメニューのシム子嬢は、バーガーをチョイス。
20190929_202.jpg
彼女のお目当ては、バーガーではなくって、サイドのフレンチフライとケチャップなんですけどね(笑)。シーズニングで仕上げられたフレンチフライ、ちょっと貰いましたけど美味しかったです。

嫁は、珍しくラップを注文。ワキ家でラップが注文されるなんて、珍しい。
20190929_203.jpg
マヒマヒ(シイラ)のフィッシュラップ。サバ缶をなにかで巻いたかのような食べ物、と形容しておりましたが(笑)、完食していたので、まぁ悪くなかったのでしょう。

お父さんは、スキレットに、ハッシュドポテトとタマゴとダイスに切ったハムという一品。
20190929_204.jpg
スキレット料理というので、キャストアイアンの熱々スキレットで出てくるのかと思ったら、なんか赤いスキレットの形のお皿でした。ハッシュドポテトの上に、ハムとタマゴのスクランブル、その上にチェダーチーズというものでしたが、このハッシュドポテトがパリパリな食感で美味しい。そのままでsも、ケチャップでも、タバスコでも、塩コショウでも美味しくいただけました。

久しぶりのダイナー飯、ポーションも多いので「コレは半分くらいでお腹いっぱいになっちゃうかもね」なんて話していましたが、おいしい、おいしいと、結果ペロリと食べちゃいましたね。

あ、思春期真っ盛りの13歳児は、「一人の時間がほしいんだ!」と、TV、ゲーム機、パソコンやら携帯電話やらから離れなかったので、お留守番ってことで、家に置いていきました。美味しかったよ、と言ったら、「行けばよかったか…」と言っておりましたが(笑)。

ごちそうさまでした。

Friends Cafe
17391 17th St,
Tustin, CA 92780

0 コメント

コメント大歓迎です