カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ミツワのお弁当のバリエーション問題

アーバインのオフィスに出頭している時は、ランチは外に食べに行ったり、買いに行ったりなのですが、最近はミーティングが多く、ランチタイムも不規則時間。そういう時は、ミツワまでブイーンと行って、お弁当を買って来たりします。

ミツワまでは10分くらいで行けちゃうのですが、GoogleMapのオススメルートはハイウェイ5号線で行けと。お弁当を買いにちょっと行くのにも、フリーウェイに乗って行くという辺りが、アメリカン度数が高いなぁ!南カリフォルニア、って思います。

この日は、揚げ物弁当。これで小売価格7ドル弱。サンフランシスコでランチしていた身からすると、このお値段でコレが食べられるのか、スゲーな〜って思っちゃいますね。。サンフランシスコだったら、場末の英語が通じないキャッシュオンリー中華食堂で、謎の麺料理くらいしか食べられないのではないでしょうか。
20191003_200.jpg
ちなみに今日は、シャケ弁をいただきました。こんなに気軽にお弁当が楽しめるなんて、ここは日本かと(笑)

ということで、美味しくいただいてはいるのですが、ミツワ弁当のバリエーションってこんなものでしたっけ?
20191003_201.jpg
我が家は、ベイエリアではミツワには行かないというワキ家のルールがあったので、お弁当はニジヤのお弁当がメインでしたが、ニジヤに比べるとバリエーションが少ない気がするんです。ニジヤのお弁当バリエーション充実度は、なかなかのモノだったってことかな。それとも、いつもお昼を回ってから行くので、もう人気筋のお弁当は売り切れてしまっていて、チョイスが少なくなっているだけかなぁ。トーランスやコスタ・メサのミツワには、もっとバリエーションがあった気がするんです…。このまま行くと、揚げ物弁当、シャケ弁、トンカツ弁当のローテーションになってしまう。。いやいや、どこかで稲荷寿司とか差し込めば良いではないか…。待て、そういう問題だろうか。。

ま、こんなの、日系レストランの充実している南カリフォルニアならではの、贅沢な悩みですよね!

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です