カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

そんなにエイを触りたいのか?

さて、テキサス小旅行初日の夜。ディナーを摂った水族館レストラン(記事)の一階は、小さな水族館になっていて、別料金がかかりますが、エイをタッチしたり、エイにエサをあげたりすることが出来ます。
20191012_400.jpg
ま、せっかく来たので行ってみますかと、突撃。

中には、ピラニアなどのアマゾンの魚の水槽なんかもあります。
20191012_402.jpg
いい顔してますねぇ、このナマズ族。これは…、味わい深い顔だなぁ!ついついじーっと眺めてしまいます。

こちらがエイのリーフ。ひょうたん型の水槽に、大量のエイが。。
20191012_401.jpg
トビエイ風のやつもいれば、アカエイ風のやつも。サカタザメみたいなシェイプのやつもいます。どれも尾びれの棘はカットしてあるので、安全といえば安全なのですが、んでもなくデカイやつもいて、デカイやつはメーターオーバー級。結構な人が、きゃっきゃいいながらタッチしておりました。せっかくなのでとワキ家の面々もタッチにトライしておりましたが、「そんなにエイを触りたいなら、お父さんがいくらでも釣ってあげるのに…。エイで良いなら…。」ねぇ。

水族館を後にしたころには、すっかり日も暮れておりました。
20191012_403.jpg
それでも週末ということもあってか、外のステージでは生バンドがガンガンに演奏中。ビール片手に涼む人たちで賑わっておりました。

Kemah Boardwalk
215 Kipp Ave,
Kemah, TX 77565

0 コメント

コメント大歓迎です