カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ハロウィーンをしない、ワキ家の子どもたち

先週の木曜日、10月の最終日は、ハロウィーンでしたね。お父さんは、出張先でビール飲んでいましたが、我が家の子供達はと言うと…

この季節になると、ショッピングモールに現れるハロウィンショップ Spirit Halloween の前を通るときは、目をつぶって「早く通過して〜」って言うくらい、ハロウィーンを恐れている我が家の子供達は、ハロウィーン怖いし、嫌いだから、やらない。と、トリック・オア・トリート拒否。

13歳児は、もういい歳なので「もう卒業しました」と言われれば仕方ないですが、6歳娘には、かわいい仮装してほしかったなぁ。色々とオススメはしたのですが、「ヤダ、やらない。」「ハロウィーンなんて、なくなればいいのに」と(苦笑)。こうなってしまうと、とにかく頑固な我が娘、仕方ない。
20191101_100.jpeg
ということで、今年のワキ家は、家でトリックオアトリートにやってくる子どもたちに、お菓子を配って終わるというハロウィーンだったそうです。アーバインに引っ越してきて初めてのハロウィーン。勝手が分からず、お菓子を2,3袋準備しておいたら、開始数時間で品切れになってしまったそうで。。「こんなに消費が早いとは…、甘く見ていたわ…・」とのこと。

ま、そんな感じのハロウィーンだったそうです。写真は、シム子嬢作の、ジャック・オー・ランタン(笑)。マジックで顔を描いたついでに、手まで描いちゃって、なんだか味のある可愛いヤツに仕上がりましたね。


0 コメント

コメント大歓迎です