カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

気圧の変化か…。タイヤランプ点灯。

南カリフォルニアも、晩秋を迎えると、冷えるんですね。最近、朝が寒いです。

そんな気候の移り変わりのせいでしょうか、ある日の朝、13歳児を学校にドロップオフしに行く途中に気が付きました。
20191102_100.jpeg
タイヤプレッシャーランプが点いてる!

ガーン。パンクじゃないといいんだけど・・、と調べてみますが、これといって目に見えるタイヤの変化もないし、どこにも釘とか刺さっている感じもなし。

とりあえずタイヤ屋さんに、チェックアップをしに行きましたが、「異常なしだよ。」とのこと。過去にも経験があるのですが、こういう時ってプレッシャーチェックを無料でしてくれるじゃないですか。「オールセット。お金?要らない、要らない」みたいな。でもなんかそういうのも困りません?いちおう作業してもらった訳ですし。ということで、いつも「コーヒーでも飲んでよ」と、コーヒー代程度を渡しますが、こういうときって何が正解なのかな。未だ、いろんな局面で、正解の分からない北米生活です。

0 コメント

コメント大歓迎です