カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

アイスフィッシングの思い出

カナダにいた頃の冬のお楽しみ。それはアイスフィッシング。

凍った湖上に開けた穴から、釣り糸を垂らし…。これが楽しいんです。気候の良い南カリフォルニアでは、そんなモノには縁は無いんですけどね〜。
20191111_500.jpeg
と、思っていたら、何を考えたのか、バスプロショップスがアイスフィッシングのカタログを送ってきました。いったい、どうしろと言うのでしょう?(苦笑)

この一人用のテントのようなモノは、アイスハット。
20191111_501.jpeg
これを凍った湖上に設置して、中でただ一人、釣り糸に集中するのです。

これは、氷に穴をあけるドリル。
20191111_502.jpeg
実は、ワキ家は、すでに完成したアイスハット(掘っ立て小屋)をレンタルして…というパターンだったので、自分で穴を開けたことはないのですが、レンタル屋の兄ちゃんたちは、モーター付きのドリルで穴を開けていましたね。チェーンソーみたいに動力モーターが付いていて、それでブイーン!と。人が乗っても、車が走っても割れないくらいの氷の厚さなので、手動でくるくる穴を開けるのは、相当な重労働でしょうね。。

あ~、久しぶりにアイスフィッシングしたい!

0 コメント

コメント大歓迎です